2006年 06月 20日 ( 1 )

親友

c0021032_1918345.jpg

今日、惜しい男の葬儀に行ってきた、絵を生業とした
我が家にも何枚かの絵がある、風景が得意で水彩や水墨には秀でていた
人間的にもヒョウキンなところもあり誰からも好かれる性格
そう見えてナイ~ブな面も、気持ちが作品に出る
ユトリの無い時の作品は見るのが辛い、おおらかな絵を見たときはホッとする
c0021032_19184732.jpg

同じ年で誕生日も2週間しか違わない、永遠のライバルだと思ってたら
早々に脱落しやがった
死んだら終り、みんなの記憶から薄れてくる
俺だっていつまで生きれるか保証は無いけど、命のある限りは忘れないシツコイから
お前の絵にはもう進化はない、俺がこれから描いて比べてやる
勝ちは見えたようなもんだけどムナシイな
c0021032_19185665.jpg

これは10年ほど前に、一緒に台湾に旅行した時のスナップです

台湾から来て別府大学で学び卒業して帰国、流通系の会社で働き始めたシュウ君(左)
に会いに台湾に出かけた。中央が故財津秀邦氏、右が私です。
心優しいシュウ君の面倒をよく見てた、財津氏
c0021032_188252.jpg

気さくな彼はどこでもすぐに友達を作る
台中市から来た学生達と打ち解けて風景画を描きプレゼントしてた
c0021032_18191523.jpg

この写真を見るだけでも彼の一面が見えると思います
20年早すぎた、残念です。そのぶんオレはシブトク生きてやる
[PR]
by syunbick | 2006-06-20 19:38 | なんとなく