SSER御一行

c0021032_21341138.jpg

金曜日の夜、カオルさんからTELがあって土曜日の夜に庄内のオートキャンプ場で
キャンプするので出ておいでとお誘いがあった。
誘われると断らない律儀なA型人間、丁度仕事も大分だったのでそのまま直行
私がキャンプ場方面に曲がろうとしたときに、目の前を四国の大御所がパトカーを通せんぼして
曲がって行った。後を付いてけば目的地に連れてってくれる。
このキャンプ場は初めてでしたが、設備もよくて立派なキャンプ場でした。
ビールに焼酎にワインにウォッカとおまけにどぶろくまで、しこたま飲んで12時絶命。
c0021032_21343461.jpg

途中で今度のパリダカに出場する三ヶ尻君が、KTMのマシンを持ってきた。
あと一ヶ月もすればパリからアフリカを目指して走り始めることだろう、前回はゴール数日前に砂嵐でガス欠リタイアしたので今回はリベンジ戦だ。完走を祈る。

キャンプ場の朝、味噌汁を作ってくれる、昨日の残りのオデンが味がしみて旨い。
今日はバイクでツーリングをすると言う、それなら私もとバイクに乗り換えてこよう。
8時過ぎにキャンプ場を出て一路自宅へ帰る。
このツーリングの本来の目的は,モンゴルラリーで大怪我をして別府の病院でリハビリをしてる
人を励ます為のツーリングらしい、カオルさんは身障者用レンタカーのヴィッツを借りて
運転手で先導だ。
c0021032_21345435.jpg

私が帰ってる途中のロープウェイの下ですれ違ったから、1時間以上は遅れて追いかけることになる、最初の目的地九重の吊橋は概に行った後だった。
TELがやっと通じて、三愛レストランで休憩してると言う、先を急ぐけど連休の為か車が多い
瀬の本の信号を右に曲がってと思ったら、ツーリンググループが阿蘇方面に曲がって行った。
グッドタイミングやっと合流できた。
c0021032_2135169.jpg

大小オフ車14台それぞれ、海外ラリーの経験者ばかりのツーリング、阿蘇大観望での
ヒトコマ、ここから阿蘇を見たらこんな景色。
一番手前に私のアフリカ象さんの赤いのがチラッと、BMW1000GSは高知の近森さん
その向こうBMW,HP2の高級レーサーはSSERのボス山田さん、ウエアーも垢抜けしてます。
c0021032_2135422.jpg

そのHP2、軽量化して無駄が無い造り、チョット起こしてみたけど軽い、アフリカ象さんより
ずっと軽い、欲しいけど高い、象さん3台分。
c0021032_8344453.jpg

昼食をファミレスで取って、阿蘇の噴火口に行くと言う、いつ行ったかおぼろげだ。
たぶん中学校か小学校で行って以来じゃないかな、40年以上近くをうろついても行ってなかったんだ。
c0021032_21362572.jpg

そんな大昔見たときと形が変ってる、昔は噴火口は一つだったような,今は隣にでかいのが
もう一つ空いてて、上から見たらでっかいピーナッツ型、緑と青の中間色の水を湛えて
湯気が凄い、観光客も多くてその半数が韓国か中国語だった。
服のセンスも良くなったので、見ただけでは判別できない、アジアの国際化も本格的だ。

駐車場側から墳火口を見るとトーチカのような避難所が沢山見える、不意に噴火した時に
逃げ込む場所、そう思ってみると気の抜けない山なんだ、10年ほど前に瀬の本でレース中
大きなきのこ雲を見た事がある、あの頃は噴火口は立ち入り禁止だったみたいな
c0021032_21365040.jpg

阿蘇山上で午後4時だった、6時までには病院へ送り届けないといけないらしいけど、
チョット遅れるみたい、水分け峠で解散した。
私は地区の忘年会があるのを忘れていた、帰り着いたら6時15分、幸い6時半開演みたいで
滑り込みセーフ、さすがに二日続くと今日は勢いが無い、9時に終わって帰り
昨日風呂に入れなかったのでノンビリと疲れを取る、良い一日でした。
[PR]
# by syunbick | 2007-11-25 22:00 | バイク

晩秋

c0021032_18153619.jpg

ススキの穂も枯れてしまい、吹き飛んで寂しくなってしまった。
祭日ですが仕事です、あまり天気が良いので現場からチョット遠回りをして帰りました。

先週まであれほど鮮やかだった野山も、寒波が来て一気に褪めてしまい
枯葉が目立つようになり、冬模様になった。
所々抵抗するように紅葉が残っているけど風前の灯、秋を感じる間もなく冬が来た。

自然の変化はどうなっていくのだろう、昔と違ってきてるのは確かな気がする

c0021032_18154811.jpg

[PR]
# by syunbick | 2007-11-23 18:23 | 風景

XR

c0021032_18141914.jpg

XR大好き人間でしたが、時代の流れには逆らえず、今ではWRなる水冷4stに乗ってます。
距離を一番走ったのは600でしょう、オーストラリアにブルーアイランドや椎葉日帰りツーリング
なども数多くこなしました。
係わりはXR200でレースを始めた、XLRが主体の時代でXRは逆輸入車だった、当然
高嶺の花、赤いポリタンクは羨望の眼差しだった。

BAJA250にはお世話になった、休みごとに林道に出かけて北部九州の林道はほぼ走破した。
1980年代の後半オーストラリアのラリーに出るために600を中古で購入、練習に走り回る。
タイトコーナーは苦手だけど、ハイスピードコーナーや直線スピードは得意、安定性も良くて
疲れない。
未だに長距離を走らせて一番疲れないオフロードバイクだと確信する。

KLX650の後、軽くてパワーのあるXR400に心は動きしばらくの間愛車になっていた。
一時期はWRと併用してたけど、XR400と同等のパワーがあって、遥かに軽いWRの一本化に決めて、XR400は売りに出してしまった。
それ以後はこの机の上にある、XRの玩具しかない、しかし名車であったことは確かだ。
XR200,250,400,600全部あわせると10台乗った事になる

一番長い付き合いは、レースに使ってたXR250だろう、毎月1,2回はレースに出てた時代を
10年間酷使した、その間のトラブルはクラッチ3回、エンジン2回故障しただけ、その度に
ボアアップして最終的には280くらいにはなってたと思う。
数多くのトロフィーと賞品をゲットしたマシンだった。
c0021032_18403724.jpg

オイルクーラーもつけて、エンジンの焼ける対策もした。
御所の川の中を走ってるシーン、このときは100台中5位と2スト全盛の頃よく頑張りました。
[PR]
# by syunbick | 2007-11-22 18:38 | 好きな事

KAZEエンデューロ

臼杵を後にして直入へ、今度はバイクレースだ。
夕方4時ごろ着くとコース整備は殆ど終わっていた、あとは宴会の準備シェフはわしさん
今日のメインディッシュはオデンです、この写真は残り三分の一くらいになった鍋の中
臼杵でいっしょだったカオルさんも到着、今日仕事だったスタッフも続々やってくる。
ひぐっちゃーが七輪で炭焼きを始め、テントの宴たけなわに
ワイワイ言いながら、ビールにワインに焼酎にと、いつ絶命したかは不明でした。
目がさめたら朝でした。
c0021032_20382988.jpg

一応カワサキが主催名のKAZEが付くけど
大会自体はスカイレーシングの運営になっている、九州一円から100台以上のエントリー
ロードコースの方でもレースがあるらしくて、カワサキのレースクイーンがスタートの旗を
降ってくれるらしい。
私は後ろ髪を引かれつつ、コース内の黄旗振りに出発、せめて一瞬でもとお姿激写。
まだスタートまで時間があるのでガウンを着ております、取ってとはとても言えない小心者
晴れ姿は見れませんが、ご勘弁を。

最初の仕事はスタートして1,5キロ地点の、コースから山へ入れる場所で選手がコースを
間違わないように見張り番。何かあれば黄旗を振って徐行させる。
ついでにカメラマンも
c0021032_20111650.jpg
c0021032_18551062.jpg

たいちぇんブログから貰ってきました。こういうことにぬかりのない方がいるんです。
きっともっと良い写真があるのでしょうが、ありきたりだけ出して後はムフフか~~!

先頭が2,3周廻るとコース状況も落ち着いてきた。
Mマークをつけてコース内の巡回、トラブルや渋滞が起きると助けに行く、オタスケマンの役目
c0021032_20114791.jpg

レースは9時にスタートして12時にゴールする、3時間耐久レースです。
殆どは一人で走りますが、たまには二人で組んで走る。熊本の美人奥様ムッちゃん
相棒がピットインして交代、コースの状況を聞いてるシーン。
c0021032_2012527.jpg

なにしろ100台がコースを多い人は20周以上周回する、ハイスピードコースです。何時もは
右回りですが、KAZEの大会は左回りにする、渋滞ポイントは一番奥の長い登りと、ゴール
手前の急な登り、1時間経過時点で一番奥の登りが大渋滞に、クラブ員7,8名に選手も5人
ほど手伝ってくれて、登れないバイクを押したり引いたり、溝をスコップで埋めたりと大汗
かいてしまった。
上手い人はコースを荒さないのだけど、登れない瀬戸際組みが、シッカリと溝を掘ってくれる。

12時にレースが終わるとコース脇で待機してたユンボの出番、1周4,5キロもあるので、
足の遅いユンボでコースを修理しながら廻ると3時間以上かかる。
これが私の耐久レース。
c0021032_20121991.jpg

ユンボ泣かせの急勾配登り、尺取虫のようにして登ります。
キャタピラーだけでは登ってくれない、おかげで手足総動員で操作します。結構テクニックも
入るけど歯がゆいので力も入ります。
3時過ぎに無事終了、たいした怪我人も無かったみたいで良かった良かった。
[PR]
# by syunbick | 2007-11-18 20:22 | バイク

ラリー

今回のラリーは4輪です、娘婿の親父さんがラリーの会長で去年と今年、全日本オールスターラリーなるものを臼杵の市役所の駐車場を起点にして開催しました。
金曜の夜にわざわざ電話をくれて、今年で最後の全日本ラリーだからと言う事なので
出かけてみることに、朝のうちに仕事を一つ片付けて
9時過ぎに杵築を出発、高速道路を飛ばすと10時過ぎに臼杵インターに到着、先に着いていた
カオルさんに電話して、SSを見ろうという事にした。
ラリーカーが全車行き過ぎてから、係員の人に説明を受けてコースの中間点に陣取る。
さすがに会長の威力はバツグンで名前を出したら、会長が言うのならと葵のご紋の効き目があった。
c0021032_19551227.jpg
c0021032_1955471.jpg

c0021032_2071294.jpg

11時過ぎに1分おきにスタート、全部で45台の出場らしい、バイクでパリダカで上位に
入った友人の池町君は、スバルインプレッサのワークスマシンで出場。
壊されないんですよ~と言いながらも、慎重かつスムーズな運転、さすがに速い。
c0021032_1956314.jpg

次の目的地直入に向かって出かけたら,丁度帰ってきた。
チョットだけでも話が出来てよかった。

さすがに全日本ラリー、舞い上がっていたのでピットの写真を撮り損ねた。
駐車場イッパイにピットが広がっていて、スタッフの数も私らのレースの比じゃない
3ヶ月前からコースの整備に、大会の主催するに当たっての地元との交渉や
警察の許可関係と、超多忙だったらしい、同じレースの世界だけど違った面を見せてもらい
ました。感謝です。
[PR]
# by syunbick | 2007-11-18 20:02 | 好きな事

鷲、鷹、鳶?

c0021032_20175876.jpg

わしです、わしさんってのが、うちのクラブにもいますが、あのわしさんはこのわしさんのことを言ってるのか、自分の事をわしって言うからなのかは不明です。(回答はは本人から聞いて)
ひょっとするとトンビかもしれません、鷹はもう少し小さいような気がするのですが
トンビかってタカをくくってはいけません、見た目は遜色ないのです。
チョット泣き声が間が抜けてるだけでバカにされてしまって、可哀想なトンビくん
ところでこれは鷲なのか鷹なのか鳶なのか、どうでもイイですが。
国会やテレビで毎日頭下げてるおっさんよりカッコいい、凛々しいよ。
[PR]
# by syunbick | 2007-11-16 20:23 | なんとなく

天国と地獄

まずは天国編
朝食を済ませて8時半にホテルを出発、福島インターから乗って順調に走る。
渋滞も何もなく10時過ぎには、会場についてしまった。
受付に行くと、午後1時の私らには控え室も空いてない、時間もあることだし六甲山を
ドライブしてみる事にした。
さすがに高度が上がってくると、葉も綺麗に色づき始めている。
殆ど頂上に近いところまで上がったけれど、駐車場は全て有料みたいだった。
停めて見物するほどの物もないし、時間も無いので料金所の前でUターンして戻る。

式場に戻ると全員が揃っていた。甥と会うのは12年ぶり、高校生の頃はサッカー選手で
全国大会まで経験したスポーツマン、どのように変身したか楽しみだった。
電話では母親は只のオジサンになってるって言ってたけど、なかなか良い男ぶり。
嫁さんもスポーツウーマンらしく、美人だけど豪快に笑う似合いのカップルだ。
c0021032_9584166.jpg

取り合えず、両家族とお嫁さんの友達5人での式でした。全員の集合写真
c0021032_1071930.jpg

この後チョットしたパーティー形式の宴会の後
料理は親族だけで、フランス料理のコースだった。こんなのがあるとは知らず、パーティーの
料理を食べすぎて、不覚であった。
それを除けば最初のうちは硬かった表情も打ち解けてきて,楽しい結婚式でした。
自分らで作ったDVDも流して、生い立ちから出会いの説明もダーツの旅の雰囲気で
仕事も恋愛も紆余曲折があった事を聞かされていただけに、感激しました。
親父(弟)の涙を見てると、つい貰い泣きでした。
c0021032_1073385.jpg

そんなこんなで式も予定より長引いてしまい、会場を後にしたのは5時前だった。
勿論運転手は私だ、昨日の都市高速で狭い車間の間を割り込み運転の多さ、大分の
運転は危ないとか言われてますが、可愛い物、姉も奥方もこんな所を運転できないと
釘を刺されてしまい、ビール好きの私はウーロン茶をこれは新種のビールじゃと思い込ませ
て、涙ぐましい宴会でした。なのでお巡りさんは怖くない。
(これからプチ地獄)
朝が順調に来たので、楽勝と思ってましたら、のっけに高速道路が事故で10キロ渋滞
それでは朝来た国道176号で戻る、しばらく走ると国道も渋滞で動かなくなってしまった。
上の高速も動いてない、事故現場なのか高速上でパトライトが無数点滅してる、高速道路側は流れがよくなったみたいで渋滞の我々は焦る、宝塚抜けるまでに1時間もかかってしまい、
なかなか高速道路のインターが来ない、やっと乗れた高速を飛ばす、とは言っても軽なので
しれてますが、100キロ~120キロだとスピード感はある。

豊中で空港方面に行かないと悪いのに、吹田がインターだと勘違いしてた私は中国道を
ひた走る、暗くてマップも見えない、懐中電灯を片手の姉にナビをしてもらう。
近畿道に入ってから思った、こりゃ~遠回りだ、姉が言ってた豊中に行くのが正解だった。
後で落ち着いてから地図を見ると、お笑いだ。うちの車には付いてないカーナビの威力を知る。
東大阪から天保山を目指して突っ走る、南港インターの表示がないので仕方なく天保山で
下道に、海中トンネルを抜けて残り10分何とか間に合うか~~、しかしそれまで出ていた
フェリーの表示が無くなる,フェリーに電話して何とかしようとしたけどタイムオーバー。

となると神戸に戻らないといけないのかと思ってたら、9時発の便があると言うので少し安心した。
2時間あるから、今度はのんびり先を行く、しかしフェリーの標識が無い、一度トンネルの出口まで戻ってみる、同じ道を走ってもやっぱり途中から表示が無いので、そのまま先に進むと
しばらくしてからやっとフェリーの表示がでてきた。道なりと言うことだろうけど不親切だ。
ドキドキハラハラを過ぎると脱力感がしてきた。

前の便は大阪別府直行便だけど、後の便は神戸と松山に寄るので10時半に別府に着く。
次の日のスケジュールが狂ったので、TELして予定変更を連絡して謝り一件落着。
自棄酒飲むぞ~~。
しかし神戸の夜景が綺麗で、これは遅れたオマケのご褒美でしょう。
c0021032_1074619.jpg

[PR]
# by syunbick | 2007-11-13 10:18 | 好きな事

美山

今回の旅の目的は、私の弟の長男(甥)の結婚式なんだが、それだけじゃ面白くない
せっかく出かけていくのだからと、姉が京都北部の茅葺の里、美山に行きたいと提案してきた。
そんな話にはすぐに乗る、それでは移動に経済的な軽四で行こうとジイサンの愛車で決定。
金曜の仕事が終わってから出発、夜7時別府発フェリーサンフラワーでホテル一泊付き格安チケットで抜かりなく計画した。

朝の6時半に大阪南港に到着、奥方より若干ナビに強い姉を横に乗せマップを持たせて
いざ京都へ、700円也を払って(ちと高い)都市高速に乗る、前回騙されて東名に行けず環状線に乗ってしまったので、今度は気お付てと言いながらマタマタ環状線に入ってしまう
どうも大阪は標識が不親切だ、環状線を走りながら地図を見てもらうけど現在位置が分からない、どうしようもないので一度下道に降りることにした。どうも1時間はロスをしたみたいだ。
なぜか八尾で高速に乗れた、後はひたすら京都を目指す。大阪さえ抜ければ道は簡単
山崎で降りて北を目指す、国道162号で10時ごろ到着した。
c0021032_19595216.jpg

美山に着く前にも茅葺の部落はあったけど、雛壇状の敷地にかなりの数の茅葺住宅
それも皆生活している、白川郷にも似た雰囲気の部落だ。
歩いてみると屋根の北側は緑色の苔がびっしりと、裏の顔も面白い。
c0021032_1948442.jpg

美術館や民宿もある、外から見た分には全く同じ建物、庭の手入れも行き届いていて
意識の高さが感じられる。
c0021032_1948478.jpg

県道沿いのレストランの駐車場に停めた今回の主役、ライフ君。
今までジイサンにユックリ乗られてたのに、今回は運転がメリハリ利きすぎて戸惑ってるかも。
早めの昼食を取って、帰りは同じ道は帰らない、佐々里峠から鞍馬方面の狭い急な道を
登ったり下ったり、おまけに3人も乗って荷物もイッパイだし、近来稀に見る重労働でした。
c0021032_195017.jpg

京都に戻って、時間があるので広隆寺の弥勒菩薩を見に行く、太秦の撮影所の近くで
路面電車が走ってる、車と電車が共存してるヨーロッパの街角みたいな道の横にある。
境内に入ると、外の喧騒はまるで聞こえなくなる、入場料700円を払い、一番奥の展示場の
中に入る、薄暗い200畳ほどの広さの中には仏像が40体ほど展示されていた。
中でもメインは弥勒菩薩像、実物大で小さいけれど日本の最高傑作像、仏像のオードリーヘップバーンかな。
c0021032_19493372.jpg

その真向かいに千手観音立像、大きくて4,5メーターはありそう、すらりとして無駄がなくこれも国宝だ、3体の国宝に、無数の重要文化財、一度は見に来る価値はある。

京都を後にして宿のある大阪へ、福島インターで降りてホテルの近くまで何とか行けた。
TELして道を聞く、目印になる建物を言って現在位置を知らせてホテルまでの道を教えてもらう
何とか辿り着いた。油断したら隣のホテルの立体駐車場に入れてしまった、ガードマンのオジサンにひたすら謝って出してもらう、トラブルイン大阪まだまだ序の口。(続きは後日)
[PR]
# by syunbick | 2007-11-12 20:16 |

モンガー登場

c0021032_19374338.jpg

今日の夕方17万キロ走ってるバイクでやってきた、バイクもタフだがモンガーもタフだ。
チョッピリスリムになって、色気も出たぞ、明後日には長崎に向かって行くらしい。旦那と
会う予定。
c0021032_22311778.jpg

これにリュック背負って運転してる、テントで野宿も平気みたいだ。
旦那のほうが怖がりみたいで、一般的なところが好きらしい、モンガーは私らと一緒で
人目につかないところのほうが落ち着く、典型的アウトドア派。
天草方面に行くらしいので出合ったらO@の旦那ヨロシク。
[PR]
# by syunbick | 2007-11-12 19:42 |

展示会

安岐町の梅園の里で展示会をやってますので行ってきました。
国東半島在住の数名の作家が共同で作品を展示してます、知り合いのどちらも旧大田村(今は杵築市)の矢吹さん(木工)大塚さん(陶芸)の作品から一点づつ、日曜日の甥の結婚式の
お土産に買いました。
c0021032_1151286.jpg

気を長く(時計)丸く尖らずに暮らせるように、と語呂合わせ。

矢吹さんの展示スペース、後で気がついたけど、会場全体を撮り損ねた。
なんとなく知らない人を撮るのは気が引けたのもある。
c0021032_11522142.jpg

つまみ絵と言うらしい、30号くらいの大きさの額に収まった、立体的に人物やらが浮き上がって
、昔の酒造りの様子がよく分かる。緻密な作品でした。
c0021032_11523116.jpg

日曜日までしか会期がなくて、今晩からフェリーで神戸の結婚式に行くので今日しか行けませんでした。
矢吹さんは遅れてて会えずじまいでしたが、途中ですれ違ったらしくTELがかかってきました。
道に迷ってたらしい、彼らしいといえばそうかも。
[PR]
# by syunbick | 2007-11-09 11:57 | 好きな事