<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

冬残景

c0021032_1831551.jpg

土曜の夜の日曜の天気予報はあまりよくない、曇りと傘マーク、バイクで走るのはやめにして
家庭サービスに切り替える、明日ドライブに行く?と聞くとすかさず行くと言う。断らない人だ。
山の上は雪かもしれないので、国東半島を散策してみよう。
まずは文殊仙寺、いつもながら仁王さんからチョット歪んだ階段、山門から本堂に至るこの
苔むした風景、厳粛な気持ちにさせてくれる。しかし予想に反して天気が良い、晴れ間も出てる。たまには仕方が無いか~。
c0021032_2012758.jpg


本堂の前を横切って鐘付き堂があり、その下に大きなケヤキの木まるで屋久島の縄文杉に
負けないくらいの迫力、根っ子の逞しさ大きさの比較のためにモデルになってもらった。
見せびらかす為じゃアリマセン。
c0021032_18323087.jpg

本堂から更に階段を上ると奥の院はある、屋根は崖の途中から出ていて建物の奥は
崖の下になる、昔は裏に廻られ知恵の泉が湧いていて、飲むと頭が良くなるとの言い伝え
があった。今は安全防火対策の手前、戸が立てられて勝手に入れなくなっていた。
c0021032_18351625.jpg

次は岩戸寺に向かう、この寺も国東独特の神仏習合の教えがあって、境内に鳥居がある
それにしても冬なのに国東の山は力強い。
c0021032_18445121.jpg

寺を出てすぐに雉が飛んできて車の前で餌を探し出した、ソット車から降りてカメラを構える
下の畑に飛んで下りたけど距離は10メーターくらい、チャンスとばかりにズームアップして
撮りました。IXYの10倍ズームなのでチョットボケてますが今日最大の感激でした。
しかし今思うと、雉鍋旨いだろうな~と。
c0021032_18451343.jpg

昼食は伊美の三国屋で2000円定食をフンパツ、個室で掘り炬燵窓から外は庭が見える
まずはクラゲ酢物とヒジキの付け合せ、渡りカニの湯がきとサバのリュウキュウ
c0021032_1931256.jpgc0021032_19311249.jpg









食感は違うけど揚げ出し豆腐のような物、天婦羅は塩や胡椒のブレンドにつけて食べる
いよいよ本番は刺身に茶碗蒸し、吸い物と散らし寿司のセイロ蒸し、これは初めてでしたが
結構いけました。最後にデザート手作りプリンとコーヒーで終了。
和風のコース料理みたいで12品が次々と出てきて堪能しました。


食後は腹ごなしに旧千灯寺跡、この一ヶ月前に写真をアップしてますので前回は写してな
かった分です、五輪塔群下の山中にも残骸のような物が見えるので昔は相当な数が
あったのでしょう。
寺の跡しかないのですが、かなり大きな寺だったみたいで修行僧の数もかなり居たはず
亡くなった坊さんの供養塔なのかもしれない。
c0021032_18462845.jpg

最後に川中不動、向かいの山に無明橋が架かってます,山の尾根に見える小さな橋
しかし着いた時が3時過ぎ、どう見ても1時間では登れそうな距離じゃない
同行夫人も足が行きたくないと言ってるとかで、今日のところはパス、次回朝から準備して
登ろうと言う事になりました。国東の寺どこもかしこも石段ばかり、いい運動になりました。
c0021032_18464750.jpg

邪念のある人は渡れないと言う、私?渡れないかもしれん。しかし渡れば清廉潔白じゃ。
高所恐怖症には残酷でしょう。
c0021032_2041935.jpg

水害から守ってくれる、川中不動、大きな岩に掘られています。
水害の時にはまともに当たるからでしょう、形も辛うじて分かる程度になってしまってる。
c0021032_1847215.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-01-28 19:58 | 風景

配達

c0021032_1844203.jpg

長男がヨリニヨッテ私の誕生日に車をぶつけられて、レトロな軽四が廃車になってしまった。
安くて程度のいいのが見つかったので、登録をしてもらう事に
息子の住んでる福岡ナンバーにしてもらったので、時間がかかったけど出来てきた
仕事も大して忙しくないので、福岡まで配達に、10号線を小倉東ICまで走り、高速で古賀まで
3号線に降りて海ノ中道方面に行き、旧3号線の新宮駅前から西鉄和白駅の裏側に
ここで無茶苦茶ミスコース、2,3回来たけど毎回迷う、我が家から150キロ2時間半で到着

なんとか見つけ出して駐車場に停めてきた、香椎まで西鉄で戻ってJRの特急で杵築まで
これは2時間ジャスト、ビールでも飲んで帰るつもりでしたが、昼飯にカツ丼とうどんセットを
食べ膨満感、低い声のステキなオネーさんが売りに来ましたが自重。
午後3時無事に帰りつきました。ささやかな旅行です

このスバルビビオ、売れてないけどいい車、よく走るし、燃費もいいみたい満タンからメーターがチョット下がったくらいで着いた、高速安定感もバツグン、オートマもタッチが良い
後10年は乗れる。
[PR]
by syunbick | 2007-01-24 19:04 | なんとなく

ヒラメ

c0021032_18234141.jpg

食べてる途中で、思い出して撮りました。
貰い物のデッカイヒラメ、今回は豪快にホットプレートで煮込み料理、酒にみりんに高菜に
椎茸、少々の砂糖と醤油で味付けして頂く、素材が良いので美味しい

う~~ん贅沢だ!
食卓の白菜の漬物に、ピンク色は黒大豆のオカラ、これも貰い物、感謝感謝
[PR]
by syunbick | 2007-01-23 18:39 | 無題

初練習

c0021032_19465846.jpg

薄曇の天気の中、直入で今年のコース初練習です、私は昼から用事があるので
午前中にチョロット8周ほど廻って終了、一周4キロあるから32キロ以上は走った。
コース状帯は程良い湿り具合で,上っ面がちょっと滑る程度、水溜りも無くて快適
最初にコースに下見に入ったとき、尾の長い綺麗な雉を見た、所々にオレンジ色が光る
山の中でこんなに目立って良いのかな、それだけ危ない思いしてでもメスの気を引く根性に
負けて見逃してやろう。

タイヤの角もダイブ丸くなって8分山、4月のレースの時に新品に交換しよう
3月の甘くサラリーはこれで充分

皆さんの昼飯を横目で見ながらサヨウナラ
本物のアウトドア軍団は季節は関係アリマセン、冬の寒い中でのランチ宴会はまた楽しい
今年もバイクライフ堪能しましょう。
c0021032_1947540.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-01-21 19:57 | バイク

冬光

c0021032_731333.jpg

空気が澄んでいてピリッと痛いくらい冷たい風に当たるのが好きだ。
汗っかきの私には今くらいの気候が丁度いい、最近は中国の黄砂のせいか霞んで
見えない日が多くなった
冬の風の強かった、翌日はさすがに景色が良い
柔らかい光は心地よく包んでくれるようだ、生きてて良かったと思う

何度か危ない瞬間はあった、運も良かった
無鉄砲な時期をはるか昔に過ごして、多少は用心深くなってきたのかもしれない
不思議な物でそうすると、漫然と見ていた景色が、見過ごしていた物に足が止まるようになり
美しいものに感謝したくなる

何度見てもその度に違う物を見せてくれる、同じ景色は二度とない
自然の演出家は、休み無くいろんな姿をしつらえる、人間ごときに勝ち目は無い
せめて邪魔をしないように
[PR]
by syunbick | 2007-01-19 07:50 | 風景

阪神淡路大震災

もうあの震災から12年経ちました。
その時のバイクで現地へ行った行動は、リンク先「チョット変わった建築屋」に書きました。
建築に関することや、うだうだと長くなりそうな事を書き込んでます。
ひまつぶしにどうぞ。
[PR]
by syunbick | 2007-01-17 19:20 | 無題

カレーうどん

先週写真に撮りそこなったので再チャレンジ、今日は天気が良いのでお客も多い
奥の席は年寄りグループで占領されてる(私も年寄りの部類に入るけど、この中では若い方)
冷静に考えると、あまり大差は無いかも知れないけど、第一印象です。
入口に近いカップル用テーブルに、反対側の空いた席はヘルメット。

冬季眼底カレーうどん、900円、オニギリ1個に卵、深鉢だしこんなもんかな。
景色も良いし、空気もうまい
c0021032_891079.jpg

湯布院から塚原高原に入ると初っ端にある店「どんぐり茶屋」
店内は和洋折衷、モダン和風だろうか、漆喰壁に露出の小屋組、床はサンワの叩き仕上げ
音楽はジャズ、ゆったりとした時間が過ぎる。
c0021032_893321.jpg

近所の農家のオバチャングループも骨休めに来て喋ってる、あとはリタイア後の老カップルが2組と女性グループに若いカップルと一人者は私だけ、ドライブの途中の人が多い。
c0021032_894440.jpg

塚原は初期の頃の軽井沢の雰囲気があるところ、チョットした宿泊や、食事が出来て
温泉もあるし、ギャラリーや工芸をしてる人も居て、自然も残ってるし夜の星も綺麗です。
[PR]
by syunbick | 2007-01-16 08:36 | なんとなく

小武寺(おだけ)

今日は予定がキャンセルになったのと、あまりに天気が良いのでバイクで散策してみよう

出発しようとしたら奥方が写真を撮ってくれるというので、はいポーズ
九州といえども朝は氷点下くらいに冷え込んだ,着膨れてますが震えるよりはまし
c0021032_16514085.jpg

まずは地元の小武寺に行ってみることに、20年ほど前に一度行ったきりで久しぶり
昔に比べて道が良くなっていて返って迷ってしまう、標識も無くていろんな余地アリ

写真を撮ってると、寺の横のオジサンが話しかけてきた、話し好きみたいで
国東半島の先駆けの寺だったとか、この度、文化財に指定されて資料庫が作られていて
3月に完成すると、宇佐の博物館に収められている仏像とかが帰ってくるなど
駐車場も作るので花見の頃には見にお出でと熱心でした。
c0021032_165158100.jpg

この寺の仁王さん、どこと無くヒョウキンで憎めない、デフォルメされてる
ピカソのゲルニカの中で見たような顔つき、それにこの仁王さん目玉がはめ込まれてる、昔は金の玉が入っていたらしい、誰かが取っていったとか先程のオジサンは金の玉を熱く語る。
c0021032_1652124.jpg

移動中に由布山が正面に見えて迫力、Uターンして撮る、バイクは便利だ。
c0021032_16525833.jpg

小さな神社だけど御神木が凄い,イチイガシの大木30メーターはあるかもしれない
こんな風景が好きだ、頼りにしてるからねって言いたくなる。
大きな立派な神社も良いけど、小さな部落を守ってくれる鎮守様、日本の原風景ですね。
c0021032_16531566.jpg

山から下っていると別府湾が反射して綺麗でした、さあまた明日から一週間がんばろう
c0021032_16573416.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-01-14 18:43 | 風景

雑煮

c0021032_864176.jpg

我が家では未だに雑煮が出てくる、私が好きなこともあるけど
奥方がカビが生えないうちに処分してしまおうと思ってるみたいだ。
冷蔵庫に入れてしまってると長持ちはするけど忘れてしまう
記憶のあるうちに、、、。
高菜がたっぷりは入ってて、餅より量が多いほうが好きです。
薄いしょうゆ味で具はカマボコ程度、18歳までは歳の数だけ食べていた
今は3個で充分、今頃雑煮食ってるのうちくらいかな。
[PR]
by syunbick | 2007-01-13 08:12 | なんとなく

日南海岸

さすがに同じ九州でも南に来ると暖かい、吹く風も気持ちがいい
とても冬とは思えないほどの花、野球やサッカーのキャンプ地になるはずだ
冬を知らずに春が来てます。
c0021032_21124330.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-01-10 21:19 | 風景