<   2005年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

再び錦雲峡

c0021032_2111155.jpg

お盆休みに歩いて下見に行った錦雲峡を走破する事にして
土曜の夜は宴会です、場所は西椎屋の滝の駐車場、建て付けの悪いトイレもありますし
近隣に住宅も無い、こんな辺鄙な所幽霊だって寂しがって居ません
酒に酔った若者はチョット逝ってますが人畜無害ですのでご安心を
c0021032_21115626.jpg

まずはのっけの急勾配下り、ボブスレーにたどり着くまでが大変
乗ってなんか降りれませんのでエンジン停めてギアを一速に入れてブレーキ代わりにして
抱きついて下ります、もう後戻りは出来ません前進のみ
降りると言うより落ちるが如くです、こんな時でもカメラを見ると上と同じポーズをして
しまうワンパターン人間です
c0021032_21124882.jpg

ボブスレーとはよく言ったものでまさにその通りです
ロープつけて下るかそのまま乗って下るか、思案中のリーチ君
コケで滑りますので、途中でコケルと、、、、本人は大変、見てるほうは、いいもの見せ
ていただきました、ビデオでとって宴会の肴になります
この後悲鳴とともに降りていきましたが無事着地、、、、ムー残念!
c0021032_21132465.jpg

乗って降りられない時はバイクを投げます、もといバイクだけ先に行ってもらいます
c0021032_21134886.jpg

紅一点のミサキング無事完走、マシンはヤマハTT125軽くて小さいけど
ジャストフィットです、無理して行かなくても良いよ、と言いましたが
面白そうだからと一言、博多美人は根性も座ってます
c0021032_2114753.jpg

錦雲峡最後の難所、底が洗われて深くなっててラインを間違うと沈します
今回のビデオ班のP助選手、ワタクシトットト先に行ってましたのでビデオ出演は皆無
その代わり後方の阿鼻叫喚劇は吉本より笑わせてくれるでしょう
c0021032_18505146.jpg

8坂選手が出演してないので緊急登板、この後ど~なったのか~~~。(ビデオ見て)
1-カッコよく走り抜けた
2-水の中で派手に転倒、昨夜の悪夢を思い出す
3-水は抜けたがコケで滑ってコケ、バイクに四の地固めを掛けられてノタウツ
正解者には8坂恒例の土曜宴会に無料招待、、、無事帰れるか当局は一切関知しない
(18~25歳年齢限定、自称他薦美女に限る)
c0021032_7201365.jpg

オマケに本日の幸せ者二名、夜の宴会のみ参加
この秋に結婚を控えウレシさの絶頂を迎えてる表情
日頃ノーテンキなN山も、最近は自重気味ムッ沈と張り合うキレイな(いろんな意味で)
バイクの持ち主にも復帰してもらわないと今の所ムッ沈の一人舞台
[PR]
by syunbick | 2005-08-28 21:44 | バイク

イラスト展

c0021032_871531.jpg

知り合いの娘さんですが高校のデザイン課を一年休学してまでイラストを描いた作品を
別府市内の小さなギャラリーで個展をしてました
24日が最終日でしたが15歳の作品としては完成度は高いのでは
この後どういう方向に行くかでしょう、ストーリーを作っていくのか
ただのイラストになるのか若いのでもがくことです
いちばん右が作者です
c0021032_88797.jpg

[PR]
by syunbick | 2005-08-24 08:15 | なんとなく

アパカバ大分24時間

c0021032_146546.jpg

しばらく暑い天気のイイ日が続いてましたが、東京から究極の雨女が来るという
さすがの高気圧も恐れをなしたか午前中良かった天気も飛行機が着いてから
怪しくなってきた、粋にフレンチでランチなどしてると降ってきました
大田村の同級生宅にお邪魔してるとカミナリまで加わってきた
私も今年前半は雨男でしたので雨を欲しがってた農業関係者には表彰されるかもしれん
c0021032_1423337.jpg

熊野摩崖仏の駐車場に着いた時は土砂降りでしたがセッカク来たのだからと
強行に登る事にした、道路は川状態、石段が急勾配なので神経使いながら登る
c0021032_861718.jpg

雨粒が写るほど降ってる
前来た時より手すりが着いていて安心できる
この悪条件の中お参りすればさぞ御利益があることでしょう
c0021032_1425239.jpg

別府の鉄輪にうちの奥さんがコバルトブルーの温泉が在ると言うので行ってみる事にした
高級旅館「神和苑」の離れにある露天風呂800円と高いせいもあって男湯は私と
アキタコマチだけ専属露天風呂の気分を味わいました
夜は息子の居酒屋で姉も加わって小宴会
c0021032_1414521.jpg

21日の12時15分の飛行機で帰りますので朝7時半から出発別府で息子と娘に
合流して東椎屋の滝と龍岩寺に二箇所を見学どちらもかなり歩かないといけない
昨日取ったカロリーを減らそうとの、カユイ所にに手の届く細かい配慮
さすが気配りのA型
c0021032_1435444.jpg

龍岩寺の奥の院に安置されてる三体の木造佛高さは3メーター程あります
c0021032_81612.jpg

24時間の滞在であわただしく東京に帰って行きました
アキタコマチは息子、娘と気が合ってすっかりとけこんでます
[PR]
by syunbick | 2005-08-21 14:49 | 風景

ウエストバッグの中身

c0021032_19461643.jpg

最近めっきりバッグの重さが腰にくる様になって,歳かなとか弱気を吐く前に
バッグの軽量化を図ろうと何年かぶりに中の掃除をすることにして出してみると
こんなのまで入ってたか~と改めてビックリ
上のほうから笛、鋸、方位磁石、針金、ティッシュの袋、パンク道具セット、軍手
救急用品、工具や、何時の物か分からない車検証、ネジの入った箱とか
得体の知れない物が、、、、、、まるでドラえもんのポケット状態
神経質なA型なのと心配性の合併症で
詰めに詰め込んでいる、よ~く考えてみると自分の故障より
他人の故障で使った頻度の方が高い
いらない物を取ろうとしたけど500gも軽量化してない
一人で行ってトラブッタ事を考えるとやっぱり持ってしまう

一回見ず知らずのツーリング中のニイちゃんに止められて
彼が言うにはオフロードの連中は工具を持ってると思ってるらしい、空気入れ貸しましたが
チャッカリしてると感心しました

今までで最高に苦労したのは椎葉でパンクしてタイヤが切れてて8回パンク修理をして
スペアチューブ2本と補修のパッチも使い切って最後はタイヤの中に草を詰めて
帰ったことです、午後5時帰宅予定が午前3時でした
一人で行ってて泥にはまってロープと丸太を切ってテコにして脱出できた事もあったり
するのでどうしても多くなってしまう

それと動けなくなった時に笛が役に立つ、山で人の声は聞こえません
笛なら少ない力で大きな音が出ます、サイクルが高いので遠くにいても聞こえます
マア無理せずそんな道具を使わないようにしましょう
[PR]
by syunbick | 2005-08-19 20:12 | バイク

山に分け入る


c0021032_18444819.jpg
チョットお盆の二日ほど塚原を基点にラリールートを開拓してきました
下に見えるのが塚原ですので結構高い所まで登ってます
一人でしたので無理はしません、バイクで行けるところまで行って後は歩きです
今日のいでたちは作業ズボンに登山靴です、汗はしこたまかきますので泡酒持参
c0021032_18212463.jpg

獣道が良い道案内になります、モノノケ姫でも出てきそうな雰囲気の良い所でしょ
鹿を四匹見ましたイノシシより出会う回数が多くなった
c0021032_18214254.jpg

たまには綺麗どころを京都の舞妓さんは夢の中でしたが現実路線で
c0021032_18215543.jpg

杉の植林してあるギリギリの所までバイクで登って歩きました熊笹の登りは結構疲れる
雪のラッセルならぬ熊笹のラッセル、Tシャツが濡れるほど汗をかきました
もうチョイの所まで行ってるはずなんですが次回です
今度は若いのを連れて行きます、お盆のダイエット山歩きでした
c0021032_18394536.jpg

[PR]
by syunbick | 2005-08-16 18:36 | バイク

久しぶりの錦雲峡

c0021032_16162731.jpg

五年ほど前にラリーで使って以来ご無沙汰の錦雲峡
8坂君のリクエストで出口からバイクが走れるかどうか歩いてみる
倒木を切るためにチエンソウを持って行く、水は川が綺麗なのでそれを飲めばいいけど
泡の出る飲み物を少々持参、汗かいた後はこれが一番、中間点の岩がゴロゴロしてて
こんな所を走れるのと不安げな若者達、慣れれば何とか行けるもんです
c0021032_16164217.jpg

林道から急斜面を下るとまず、一枚岩のボブスレー下りが現われます
距離にすると300メーターほどU字型の谷ですがコケの部分は滑ります
歩いてて二回ほど派手に転倒、最初は両足が空中に放り出されるくらい見事なお手本のような転倒
次はボブスレーで滑りコケ5メーターほどずり落ちながら止まってクレーと焦りました
最初からすると随分と途中の障害物が無くなりましたが
所々の大物は磨きがかかってます、年末にはダイハードラリーしたいです。

我々がラリールートで使った後オリエンテーリングにも使った形跡がありました
久しぶりにしては歩くラインがシッカリ残ってて誰か通ったのかなとは思いましたが
なんにしろ誰かが使うことは良いことで廃道が生き返ります
最初は人も通れる雰囲気ではなかったので開拓した甲斐がありました
[PR]
by syunbick | 2005-08-13 16:34 | バイク

ナンの花?

c0021032_1846926.jpg

山道を走ってましたら不思議な花を見ました
ユリのようでユリでない、彼岸花にしては可愛すぎる
葉っぱは省略されてて見当たらん
むっちりボディに可憐な花、誰かに例えると、、、、、ワンパターンやな
今までにあまりお目にかかったことの無い花でした
[PR]
by syunbick | 2005-08-12 18:53 | 風景

夏の直入

c0021032_18444897.jpg

夜のメニュウです定番の焼肉、ソーセージ、ヘルシー野菜をメインにビール、焼酎ざるの如し
赤いサンダルは玖珠の美人の奥様です
c0021032_1846668.jpg

ちびっ子も走ります、向こうは小学5年生と手前2年生、将来優望ですので楽しみながら
大事に育てます、家族ぐるみで来てますので親父の株を上げるチャンス
一周4キロのコースを速い人で6分程で走ります、ちびっ子でも15分もあれば周るかな
親父連中は飯食ってくつろいでますが元気に走ります
c0021032_1846277.jpg

天気も良くて九重山系もよく見えました、チョット変わった雲も出てます
c0021032_18464197.jpg

隣のロードコースではレースをしてました
[PR]
by syunbick | 2005-08-07 18:48 | バイク

安岐町、住吉祭り、川舟

c0021032_21154642.jpg
c0021032_21161541.jpg

私が幼少のミギリ、この川舟で鐘を叩いていました、後ろのダルマ船が火をボンボン焚いて怖かった記憶がある、奇声を上げて賑やかで迫力がありました。
何年ぶりかで見たのですが他ではあんまり見たことの無い珍しい祭りなのでは
この後上流の神社に御神輿を下ろしてお払いを受けて街を練って下り
ダルマ船で火を焚いてた連中が毛槍組みで御神輿の先導をします
小さな町のお祭りですがいつまでも残ればいいなと思います
c0021032_2031712.jpg

[PR]
by syunbick | 2005-08-04 21:16 | 風景

良い日加減で

c0021032_17365120.jpg

ここの所遊び心を抑えて仕事人間に変身してます
今週は程よく焼けた鉄板の上でお仕事で、目玉焼きやお好み焼きの気持ちが分かる
さすがに夏に体重の増えるワタクシ目も二キロ減状態、腹の辺りがやけにスッキリしております
このまま維持する根性も無いので地上勤務に変わりましたら復活するでしょう
屋根の下は車庫を含めた玄関になります、屋根が深いのでトップライトを二箇所作り
バンボライトのセッパンを使ってます、長年の経験の賜物です、板金屋が高くて
下手糞が多いので自分で板金工事をしてます、心配な所は念入りにしますから
雨なんか漏らしません、これでどうだ~ぐらいやってます
屋根の名称はラビットルーフと言うふざけた名前ですがチョット高級品
自分でするからお客さんに取ってはは安くてお得です
(リクエストにお答えしたいけど今の所仕事ネタしか出てこない週末に掛けて候御期待
[PR]
by syunbick | 2005-08-03 18:00 | 建築