カテゴリ:風景( 151 )

彼岸花

c0021032_1131161.jpg

今年はもうすぐ彼岸なのに、まだまだ2分咲き程度。
去年は盛りを過ぎてたくらいなのに、猛暑で花のセンサーも狂ったのかも。
咲いてるところも部分的で寂しい限り、異常気象もこのところ顕著に現れてきていて
九州は熱帯になるのだろうか。
日本の四季も怪しくなってきた、先進国は温暖化防止に目覚めてきたけど。
中国インドは発展途上なのでブレーキは利かない、人口が世界の半分近い両大国
その風下の日本なので余計に不安。
異常気象の序章なのか。
[PR]
by syunbick | 2007-09-22 11:13 | 風景

オフ会ツアー

c0021032_18304763.jpg

あけて15日、気がつくとベッドで寝ていた。
はなまちさんの秘薬をビールで飲んだのが良かったのか悪かったのか、後で聞いて
自分もビックリのテイタラクでした。
9時に皆さんを迎えに行って、熊野の石仏か龍岩寺のどちらにしようか迷ったけど、どちらも
山登り2か所はいけないので、最近眞紀さんのブログで話題になった龍岩寺に決定。
参道を歩いて登ってます、ゴキゲンなkeyさんにカメラマンでもあるたびちゃんは
何か狙ってる雰囲気。


c0021032_1831042.jpg

龍岩寺の奥の院に鎮座してる木造仏3体、大きくて3メーターほどある坐像、接木では
ないみたいなので直径3メーターはあったであろう巨木で作られたのだろうと結論。


c0021032_18311698.jpg

昼の飛行機で空港にたびちゃんの連れが来ると言うので、30分ほど途中にある東椎屋の滝に
案内する、登りは無いからと油断させて連れて行く、しかし皆さんに大満足してもらいました。

たびちゃんカメラマンの心が疼くのか、今度は紅葉の頃来たいと言ってました。
案内しますよ、何箇所かお勧めポイントに
c0021032_18313047.jpg

滝つぼにいた蝶、昨夜の蝶よりは綺麗でしょう。
c0021032_18314257.jpg

これから後フランス料理や長湯温泉カメラ写すのを忘れてしまいました。
カメラマン失格です。
[PR]
by syunbick | 2007-09-16 18:39 | 風景

阿蘇五岳

c0021032_7315847.jpg

最近は見通しが悪くて、何度通ってもボケてましたが今回はバッチリ。
仏様の涅槃像と言われてる山の姿、仰向けで手を合わせてる形が分かりますか。

何度見ても良い景色です、空はすっかり秋です。
c0021032_7433824.jpg

阿蘇から反対を向くと九重山系です、壮大な草原は気持ちをゆったりさせてくれます。
ぼ~っとしてれば時間が止まったような、こんな景色の近くで過ごせる幸福を感謝。
[PR]
by syunbick | 2007-09-12 07:38 | 風景

アパカバ長女参上

東京発11時30分、大分着13時10分のANAで三谷家長女がやってきた、私が今日しか相手できないので、近場の涼しいところへ行ってみた。同行は奥方に私の姉と総勢4人
由布川渓谷の椿から猿渡りまでの川の中1キロの散歩。私は下流に車を移動して途中で
合流するつもり。
c0021032_1717914.jpg

いつもなら軽い気持ちで行けるのだけど、先日の台風4,5号の豪雨のせいで川の様子が
まるで変ってしまってた。
途中かなりの深みが何箇所か、財布と免許証は濡れても乾かせば良いけど
デジカメが沈するのが一番怖い。

人が渡るのを見て濡れないように渡れた。300メーターほど登ると3人が降りてきてたのと
合流できた。水が冷たくて長時間つかってると、気持ちが良いのを通り過ぎて寒くなる。
c0021032_17175593.jpg

c0021032_17182459.jpg

谷のあちこちから水が落ちていて、小さな滝が数え切れないくらいある。
谷底は下界の温度よりは数度低い、谷が深いので日も当たらずに別世界。明日から地獄。
c0021032_1719026.jpg

今日は見通しが利くので、十文字原の展望台によってみる、
高崎山から大分にかけて久しぶりにクッキリはっきり見えた。
c0021032_17193497.jpg

反対側の国東半島もよく見える。
c0021032_17195774.jpg

時間が無かったけど、小さなお客様をここにしかない場所に招待した。
[PR]
by syunbick | 2007-08-26 17:29 | 風景

一過

c0021032_18394434.jpg

店のオープンも近いので、ちょいと午前中応援に行く途中に地面すれすれの虹。
台風も大した事無く過ぎて、久しぶりの青空を見た。

抜けるような青空とはこのことを言うのだろう。
昨日の風雨が嘘のよう、梅雨空を連れてってくれたから結果オーライ。
来週は仕上げが残ってる、太陽に焦げて仕事しましょう。
c0021032_1840179.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-07-15 18:46 | 風景

てるてるバイク!

c0021032_102056.jpg

この一週間目の敵のように降られまして、今日もやんでいたのに出かけたら降りだした。
コーキングをしながらの仕事なので、湿気があるとアウト、後で手直ししても完璧には
出来ないので天気を待つしかない。

こんな時にはてるてる坊主ならぬ、てるてるバイクでお願いしてみよう。体力不足で逆さには吊れませんが、日照りの時には「雨降るな」なんて言ったら周りの農家に石投げられたでしょう、
このくらい降ればもう充分、池もほぼ満タン状態。

来週からはスカッと晴れて欲しいもの、チョット曇りくらいの方が熱くなくて良いかと
注文入れときます。
[PR]
by syunbick | 2007-07-07 10:10 | 風景

シルエット

c0021032_19293049.jpg

実はこっちの方が本命、縮小にかけるのが忍びなくて、しかし思い切ってブログの為。

海岸線のビルを残して奥は霧が発生してて見えない、夕暮れ時の逆光でシルエット状態に
摩訶不思議な光景、鶴見山がえらくカッコイイ。ミニ富士山みたい。

綺麗なオネーさんのシルエットならイザ知らず、ビルのシルエットじゃ面白くも無い。
とお思いの方、チョットのことでも感激を覚えてると長生きしますよ。
太く短くで良い、それは若いうち、だんだん細く長くに変ります、親見てますから。
[PR]
by syunbick | 2007-07-05 19:36 | 風景

麦秋

c0021032_19114747.jpg

一時期植えなくなって久しい麦がここ数年復活してます。需要が増えたのだろうか
子供の頃は米6に麦4配合が主力だった、アッペン麦で平べったい楕円形で真ん中に
筋の入った麦だった。米と一緒に炊くと軽い麦は上に浮いて炊き上がってる
手伝う振りして、かき混ぜて下の米が多いほうを自分の茶碗についでた、知能犯。
たいしたご馳走はなかったけど、丈夫に育ったのは麦飯のおかげかもしれん。

麦を刈って、鋤起こしてから田植えの準備。
向こうに見える立派な建物は、来年の国体の卓球会場になる体育館。
愛ちゃんも来るかも、私的には肩袖でミニスカートの彼女を(名前忘れた)応援しよう。
ミーハーな格好してたけど結構強かった、サービス精神旺盛なんでしょう。
プロなら魅せなきゃ。
[PR]
by syunbick | 2007-06-08 19:27 | 風景

杵築城

天気はあまり良く無いので、景色は見通しが良く無いけど
IXYの10倍ズームで撮りました。
川沿いの石垣の上に建っていて、牛が伏せたように見えるから別名臥牛城とも言われてます。
八坂川に錦江橋が見える、下流は干潟になっていて2キロほど広がっています。
c0021032_2195927.jpg

今日は小雨の中地区の道普請、私の担当は自宅から県道までの溝の掃除と草きり
パワー全開で10時までに済ませてしまった、濡れた服を着替えて
ついでに塚原のラリーに使わせてもらってる場所の草も切ることにして、スーパーで
食糧を買い込んで出発。弁当をビール片手にたいらげる、汗かいてたので旨い。
しばし休憩、耳を澄ますといろんな鳥の鳴き声が聞こえる。のどかだ。

毎年春と秋の二回切ってるので、昔に比べると草が短くなり、せいたかが消えてしまった。
c0021032_2117121.jpg
c0021032_2117972.jpg

使用前と使用後、2時間ほどで完了草刈機の燃料2回満タンで400坪の草を切る。
天気がよければバイクでも積んできたのだけど、チョット小雨のままで夕方まで回復はしなかった。
来週は熊本で全日本モトクロス、バイクで行くか車で行くか迷うなあ。天気次第ということにしよう。
[PR]
by syunbick | 2007-06-03 21:09 | 風景

八坂昔風景

c0021032_20511482.jpg

私の住んでいる地区が写っています。
私が15歳の時に廃線になった、軽便ですので40年以上前の写真ですね
友達の看板屋が持っていた本に載ってたのをコピーしてもらいました。
中段の左端、白い家の上にあるチョット歪んだ麦藁屋根の家が,今の私が住んでる場所です。
その頃は叔父さんが住んでました。

JR杵築駅からディーゼル機関車で国東半島を北上して、杵築市内を通り守江、奈多、安岐町
武蔵町そして終点国東町まで40キロくらいあったのだろうか、10歳の時の水害で
安岐川に架かってた鉄橋が流れ、安岐が終点になり、利用者が減りバスに替わられて5年後に
廃線に、その線路跡が今の国道213号線になっている。

私が育った、安岐の操車場にあったトロッコで良く遊んだ記憶が、畳一枚くらいの荷台があって
こしゃくにもブレーキレバーも付いていた、荷台の端に一本パイプが立っていて、それを引くと
ブレーキがかかる仕組みみたいだった。子供3,4人で一生懸命に押して飛び乗り、惰力で
100メーターほど走って、歪んで跳ね上がった形の車止めの寸前でブレーキをかけて停まる
その距離が近い奴が勝ち、ブレーキ勝負。
時には激突、昔の子はすばしっこい、その前に飛び降りる。木の台車がぶつかるだけで
壊れはしない、頑丈そのもの。
そんな遊びしてても、大人は誰も叱りもしなかった。忙しくてそんな暇がなかったのだろう。
遊んでる最中に大人の姿を覚えていない。
[PR]
by syunbick | 2007-05-25 21:12 | 風景