カテゴリ:風景( 151 )

夕陽

c0021032_18582239.jpg

最近天気がイマイチ安定しない、今日も日が差してると思ったら夕方には雨が振り出した。
明日天気になって欲しいので、数日前の綺麗な夕陽に登場してもらいました。
御利益があればいいけれど。

我が家から見ると西の鹿鳴越峠(かなごえ)の方向に沈む、その左側には由布鶴見の山々が
見える、雪を頂いた姿は神々しくもあり優雅だ。
枯れ枝も新芽の準備は出来てるみたいだ、明日は啓蟄、地中の虫たちもおこたりなしかな。
c0021032_8211047.jpg


今はチョット仕事に追われるのを楽しんでる、動けなかった苦しさから比べるとずっといい
それが片付いたら別の楽しみにチャレンジしよう、違う可能性を見つけたくなった。
人生は短い、ぐずぐずしてる暇は無い。
[PR]
by syunbick | 2008-03-04 19:27 | 風景

春遠からじ

c0021032_17312100.jpg

梅が咲いたとかノンビリしたこと言ってましたら、また寒波が来てしまった。
昨日コンクリートを午後に打ったので今日はお休み、世間は日曜日ですので当然休日です。
明日いる材料をユニックに積み込んで、朝一番にすぐに出られるように準備万端整える。
c0021032_1733116.jpg

現場に立ち寄ってコンクリートの状態を見る、温度補正して相当強度を上げて打ったので
固まり具合は良さそうだ、これなら仕事できてたなあと、腹の中で思う。
c0021032_1734553.jpg

午前中で用事も済んだし、今日はきっと雪が降ってる牧の戸峠を車で越えてみよう
さすがに水分け峠からは車が少なくなる、そんな中自衛隊さんの車がひっきりなしに
来る、相手は頑丈そうなのでペランペランの私の車は出来るだけ避けて走る。

そうこうしてるうちに牧の戸峠に、想像してたとおりの雪の世界。
寒くて天気が悪いけど、自分の気分が良いとすばらしく美しい世界でした。
[PR]
by syunbick | 2008-02-24 17:17 | 風景

しだれ梅

c0021032_15432672.jpg

別府の南立石公園のしだれ梅が満開です。
昨日までの寒波も去って久しぶりのポカポカ日和、公園を散歩してる親子連れも楽しそう。
私は仕事中のランチタイム、無料駐車場は仕事人の車で半分占められてる
ガスの配達、建材の運搬、コカコーラ、会社名の入ったワゴンなどなど、都会のオアシス
のような所、1時前になると次々と出発していきます。
私も一緒に打ち合わせに出かけるとするか。
[PR]
by syunbick | 2008-02-20 16:14 | 風景

雪景色

c0021032_1752616.jpg

朝方目がさめてトイレに行くと、窓の外がやけに白い、お~~久しぶりの雪景色。
風流なのはここまで、2トンダンプで国道10号線を別府方面に走ると、道路はシャーベット
状態で時々滑るけどコントロールが出来ないほどじゃない。
橋の上は気おつけてブレーキなど掛けないようにっと、会社に遅れると急いで欄干と仲良く
なった友達もいた、峠の温度計はー1度の標示。

赤松峠を下り始めたら,車がピタッと停まったまま動かない、長く感じたけど5分くらい、
私の我慢センサーが反応、わき道を通って国道213号線へここも全く動かない
仕方がない、自前のカーナビでブツブツ言いながら海岸線の県道を迂回して日出町の
外れから国道10号に出る、今回は作戦成功した。それでも普段より1時間は余分に時間が
かかった。
たいした雪でもないのに高速道路は通行止め、下に降りてきた車と相まって
おっかなびっくり運転で渋滞に拍車、過剰に反応する南国雪騒動でした。
[PR]
by syunbick | 2008-02-13 17:29 | 風景

寒梅

このところ寒波が来て寒いですが、季節は春になってきたんですね梅の花が咲いてます。
そういえば日も長くなってきたし、温度計は確かに低いけど昔ほど寒さは感じない
工事現場でも防寒着の出番がなくなってしまった。
地球温暖化の影響かもしれない、人間もあまり賢くないのでとことん行ってしまうだろうから
いろいろと困ったことが増えてくるだろう。
日本みたいによそから離れてると、自分とこが精一杯で相手にしてくれなくなるだろうな。
その時は自給自足に戻る気がする、20年後か30年後かは分からないけど
ブレーキ掛けたいけど(先進国)掛けられない(発展途上国)どうなるんですかね。

まあ私の仕事は、どんな時代になっても大丈夫な家を作ること。
それから先は若い人が何とかしてくれるでしょう。
梅から話が飛びすぎて、これがほんとの飛び梅ですね。(道真さんゴメンナサイ)

枯れてた世界に白い花が咲くと、チョット暖かくなった気がします。

c0021032_1661519.jpg

[PR]
by syunbick | 2008-01-25 16:38 | 風景

マツ

c0021032_16363964.jpg

丘の上にマツがありました、大してカッコウ良いわけではないのですが
ポツンとある木は好きですね、風雨に耐えてなりふり構わず生きてやるって力を感じます。

屋久杉ほど力強くなくて、名のある木でもなく
どこにでもあるたいした事が無い木だけど、小さな山の大将くらいと威張れるかな
青空をバックに褒めてあげよう。
[PR]
by syunbick | 2008-01-11 17:05 | 風景

初雪

昨日コンクリートを打ったので墨だしに行きましたが、別府は雪が降ってコンクリートが
濡れてて墨が出せない、空は晴れているのにもどかしい。
時間つぶしに塚原の雪景色でも見ようかと行って見ました。チエンは持ってましたが
巻くほどじゃなくて、走れました。
しかし奥に行くほど雪が徐々に積もってきたので、程々のところでUターンこの冬初の雪中
ドライブでした。
c0021032_1248539.jpg

農家の庭先は5センチほど積もってました。別府に戻っても雪はやんでなくて地面は
濡れてます、今日は駄目かなあ。
c0021032_1249436.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-12-30 13:01 | 風景

別府朧

c0021032_1851581.jpg

夜の間中降っていた雨も上がり、別府へ仕事に行く途中の見上げた山は山水画の世界
朝からユンボに乗らないといけないので寄り道が出来ません、車中より激写。

九州横断道路に出ると鉄輪の湯煙が凄い勢い、つい誘惑に負けてチョット寄り道
10分だけ見晴台まで行って現場用デジカメで撮る。
晴れ間も出かけて良い天気になりそう、こういうのを親方日和って言うんです。
c0021032_18511615.jpg

それにしても凄い湯煙だ、湯煙と雲との境目が分からないくらい、鶴見山も隠れてしまってる。
鉄輪の旅館街だけ日が当たって何か良いことありそうな、今度の土曜日はOB野球の
忘年会会場だった、忘れるなってことか、甘いな。
宴会好きの宿命でそれだけは忘れないんです。
[PR]
by syunbick | 2007-12-11 18:58 | 風景

秋枯れ

c0021032_15282781.jpg

昨日と明日も大分の現場には行けそうに無いので、チョット進行状況を見るために
バイクで行ってみた。ほぼ予定通りみたいで安心。
交通量の多い別大国道を走るのも面白くないので、高崎山の裏から志高に抜けて
塚原経由で帰った、高原は寒い途中の塚原高原の広場でスライドショウを楽しんで温もる
図に乗ってこけないうちに止めときましょう。
休憩中に証拠写真をと由布山をバックに象さん主役の撮影、ススキも程よく枯れてます。

ふと地面に枯葉かと思えばキジの羽が落ちていた。
安上がりな土産が出来た、キジの長い羽はなんとなく色気がある。
c0021032_15283951.jpg

バイクに飾ってみてもなかなか良いんじゃない、もう少し落ちてないか探してみたけど
世の中そんなに甘くない、欲が出ると枯葉までが羽に見えてしまう。
道路沿いの自販機でコーヒーブレイクでもと思ったら、撤去されていた。
空き缶散らかされるよりマシかな。
c0021032_15305830.jpg

タイヤはロードタイヤに近いけど、林道を走って帰る事にした。
この前走ったときは、入口の所に倒木があった、もし今度もあれば林道に入らずに
部落のほうに廻って帰る事にと思っていたけど、倒木は片付けられていた。
半年前に顔を引っかかれたにっくき林道だけど、冬になると走りやすい(夏に比べればですが)
T63に比べると山が無いタイヤだけど、結構グリップする、ぬた場があればてこづるけど
普通の林道なら問題ないみたい、自信を持ってしまった。
c0021032_15285014.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-12-09 15:51 | 風景

鳥越峠

c0021032_17162963.jpg

大昔は別大国道もなくて、崖から深い海で道路を作る技術も無かった。船で行くか
歩きなら仕方なく高崎山の裏を通って交通をしていた、車で走っても結構な勾配
一日では行けないくらい大変だったのではと思う。別府も小さな漁村しかなくて、不毛の土地だった。都に行くには船で行くから、大分の人が別府に行く用事もなかっただろう。

国道だけど6車線になって80キロで走っててもぶち抜かれる、ハイウェイ並みの高速道路
だと、ほんの数分で着いてしまう、たいした用事はなくても気ぜわしい現代人と
大切な用事でしか移動しなかった昔の人、急な峠を汗を拭き吹き歩いたのだろう
そんな亀のような生活をしていても地に足はついていた。

ほんの100年で道路や鉄道が整備できて、この30年で何もかにもが便利になった。
そのせいで知恵を捨て、手作業も捨て、器用なのは携帯とパチスロぐらい
暑い夏や寒い冬はエアコンが効いて快適な室内、汗水流して働くなんて愚の骨頂らしい
どんな先進国でも汗水流す人は沢山いる、それが国の活力だから
それを忘れた国は一番先に滅びる事になるのではと心配するけど、なるようにしかならないかな。
[PR]
by syunbick | 2007-12-07 17:17 | 風景