カテゴリ:建築( 34 )

コンクリートポンプ車

c0021032_17122734.jpg

お~鼻が長いのね、そうよ便利がいいからよ~~と。

このポンプ車、始めて見たのは40年ほど前、、、、勘定すればそんなに前の事になるのか。
月日の経つのは速い速すぎるぞ、年とともに加速してやがる。
そんな話はおいといて、ドイツが開発した機械だとか聞いた、最初は車から配管して
先端のホースを引きずり回してコンクリートを打ってましたが、その内にブームがついて
空中からパイプが降りてくるようになりました。

その昔はホッパーというジョウゴの親分みたいなのにコンクリートを入れて、コンクリートを打つ
階までウインチで上げてそこから、屋上に組んだ足場の上をネコ車で押して人海戦術でコンクリートを打ってました、当然時間がかかります。

このコンクリートポンプ車5m3積んでくる大型生コン車を10分かからずに打つ能力があります。当然それまで何十人もかけてコンクリートを打ってたのが数人で済むようになりました。
便利にはなりましたが、昔のわいわい言いながら打ってたコンクリートも楽しかった。
c0021032_17162353.jpg

しかし品質の為には一気に打つポンプ車に軍配が上がります、時間がかかると最初に打ったところは固まり始めてるのに、上のほうはまだ打ってる状態、一気に打てば固まる速度が一緒になるので均一した製品になる、コンクリートの縁切れが無くなるのです。
この小さな建物40m3生コン車8台打ちましたが3時間で終わりました。途中が工事中で
何時もより30分繰るのに時間がかかってましたので、それが無ければもう少し速かった。
[PR]
by syunbick | 2008-02-26 20:03 | 建築

広島行

1月22日は前々から広島ソゴウの中に,福山の豆徳が(2年ほど前に京都オフ会の時に仕事の
打ち合わせをした)売り場を作ることになったので、売台を作ってもって行くことに決まっていた。
建具屋に作らせて、塗装屋に塗らせた、今回は塗装が作りを上回った良い出来でした。
スーパーロングに詰め込んで出発。
c0021032_1063036.jpg

朝のうち別府の現場で鉄筋屋と打ちあわせをして、10時過ぎに別府を出る。
高速は通らずに国道500号で安心院を抜けて経費節約、冷え込んできたのかサファリの前では積もる寸前、帰りが心配になる。
c0021032_1064298.jpg

小倉東から高速に乗って順調に飛ばす、100キロで走ってると2時過ぎに岩国に着いた。
仕事は夜8時から、デパートが閉店になってからなので時間つぶしをかねて錦帯橋を見学
以前バイクで来たことがあったけど、今回のほうが大きく感じられた。
丘の上には岩国城が見える。遠目にみると杵築城といい勝負。
c0021032_107519.jpg

通行料は300円雨の中でも観光バスは予定通りに来るので、大型バスが10台は停まっていた。
傘を差してツアーのノルマを果たしています。雨もまた良しです。
c0021032_1072049.jpg

肝心の仕事は、駐車場の確保が大変でした。でかいので市営の地下駐車場には入れず、
路上のコイン駐車で待機して、1時間前にそごうの地下駐車場に入れる、他の納入業者と
ゴチャゴチャで家具に傷がつかないか気をもみました。
c0021032_1073699.jpg

8時になっても客が帰らずに家具を入れたのが15分過ぎ、退去する店の片付けが手間取って
実際に仕事に入ったのが9時前でした。
家具を据えつけると安定しないので、車の中に転がっていたバイクのプラスチックパーツを
四角く切ってパッキンにして固定できた。
明日がオープンセールなので、若い専務さん陣頭指揮で品揃えです。喜んでくれてます。
10時前に私の分は終了、お先に帰らしてもらう、朝一ユニックの材料を運ばないといけない
コンビニでおにぎり買って走りながら夕食、雪の通行止めが心配でしたが通れてよかった。
トラックだらけの高速を120キロ巡航で小倉東まで、2時半には家に帰り着きました。
往復で700キロ走りました、そのわりには疲れない、ハイエースの運転が楽だったからでしょう。
[PR]
by syunbick | 2008-01-23 10:17 | 建築

道具

c0021032_183415.jpg

仕事車です、スバルのビビオで5速マニュアル燃費はリッター18以上と経済的。
道具も七つ道具ぐらいじゃアリマセン、47道具いや108くらいは積んでるでしょう。
ですので後ろが相当下がって、人間二人分以上は積んでる勘定です。

この車近所の人がいらなくなったとかで貰って一年半、もう2万5千キロは走ってます。
ラジオは気まぐれだし、バイザーもついてなくて雨降りは大変ですが
ソコソコ気に入ってます。

なにしろスーパーロングがデカ過ぎて、仕事場に持っていくには気が引ける
それで重宝してます、ぶつかっても気にしません、ぶつけませんけど
[PR]
by syunbick | 2007-12-20 18:25 | 建築

ビフォーアフター

4月20日でこの状態、一階が駐車場でした。
鉄骨は昔の建物のわりには大きな物を使ってましたが、柱と梁の接合の方法は
イマイチ古いやりかたでした。
地震とかで大きく揺れると怖いので、基礎で柱を50センチほどコンクリートで巻き込んで補強
これで揺れは相当少なくなるはず。
c0021032_6524839.jpg

7月末の完成を目論んでましたが、2階との取り合い部分で苦戦、半月遅れでほぼ完成。
後は外部の仕上げ、8月イッパイはかかるでしょう。
c0021032_6533339.jpg

30畳ほどのリビング、下手な公民館より広い、近所のオバさんが見に来てダンスパーチーが
できるな~。とのたもうてました。
向こうの8畳の畳の間、掘り炬燵は畳一枚の大きさ、長期在庫品サービス処分。
8人座ってもユッタリの優れもの、でか過ぎて返品クラって5年、日の目を見ました。
c0021032_6535241.jpg

今年の夏は暑いけど風があってわりかし楽、奥方に日焼け止め貰って塗ってますが
焦げてます。程よく焼きあがった腕です。
c0021032_654528.jpg

明日から休みだ、とりあえずどこかの山の中に行こう、バイク積んで。
[PR]
by syunbick | 2007-08-11 07:06 | 建築

モータースポーツ「オカダ」

c0021032_7203632.jpg

雨だとどうしようもない外部の舗装を残してほぼ完成。
荷物も引っ越し始めてます、来週にはパソコン回線も移動できて新規オープンかな。
看板がつくと店らしくなるでしょう。隣のヤンマーの看板を似てるヤマハに入れ替えてやろうか。
今日は午後から土木事務所の検査、外部舗装は明後日それで完璧。
c0021032_7205058.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-07-17 07:28 | 建築

エアー仕事

c0021032_7231122.jpg

おなじみのSPA直入サーキットの司令塔、お休みの間にチョット修理を
年月を重ねますといろんな所にガタがきてます、人間ならリーブ21かアデランス状態
お漏らしですのでオムツでも良いのですが、今回は屋根の上に屋根をかける工事
どう見てもカツラやね

足場を掛けると大変なので不精作戦
文明の利器、リースで借りられる値段も高いがここも高い
まさか上から見られるとは、遠い昔に覗き見をした記憶が
c0021032_7231862.jpg

そんなこんなでこういう工事をしてきました
c0021032_7371377.jpg

[PR]
by syunbick | 2006-11-14 07:38 | 建築

建築士会

c0021032_1844289.jpg

毎年この時期に行われている建築士会のサマーセミナー、今回は20回目、竹田市で
200人程県内各地から集合
場所は祖母、傾山の裾野にある廃校を宿泊施設にした「あ祖母学舎」遊ぼうと掛けてます
建物を駐車場から写しました。今回は内容はシリアスです真面目です地です
c0021032_19491018.jpg

内容は姉歯さん以来の建築士としても信用の回復、プライドのある仕事をしようでした
幸い大分県は構造計算に強い検査官が多くいたので、偽装物件は無いみたいです
c0021032_18443859.jpg

今回は講義中は雨が降ってましたが、視察になると止んでくれると言う
日頃に無いタイミングの良さ、まずは近くにある白水ダムから、昭和に作られたのですが
貧乏な大分県はセメントが買えなかったのと、石橋の数日本一(現存数約600基)
その為に石工が多かったので石造りで作られたそうです、案内人がいると勉強になる

視察はABCの3コースあって、Aが陶芸体験コース、女性が多くて一番のねらい目でした
Bは竹田の城と城下町散策コース、ここに残りの女性が少し
Cはダム、滝、石造物コースで一番硬派色気皆無コースでした。当然私は硬派です
c0021032_18445676.jpg

水の勢いを落とすために、いろんな細工がされてます、階段状にしてカーブさせてます
絶妙なライン。。。つい夢想
アップと引いた場面、今回は水量が多かったので水蒸気があってはっきり写りません
いつも歩けるところも水没してました

c0021032_18451622.jpg

円形井路、水争いをなくすためにトンネルから抜けてきた水を中央に湧き出させ
円形の横の穴から出た水を、各水路に分けているのです
バスから降りてぞろぞろと歩いて見学して、説明を受けます
江戸期から工事を始めて水路橋やトンネル工事、ダムと一連の工事が完成したのは
ほんの35年前だそうです、昔の人の苦労がしのばれます
c0021032_18453039.jpg

その水の源となる上流にある、白水の滝(ダムは、はくすい、滝はしらみずと読みます)
駐車場から歩いて600メーター、最後はチョットした登山
下界は蒸し暑かったけど、霧状に滝の風が吹き付けられて気持ちよし
c0021032_18454642.jpg


宴会は恒例のバーべキュウ、牛も鳥も事欠かない産地直送どころかど真ん中
生ビールは飲み放題、、、、つい実力以上を発揮する性格ゆえ体重計は二日後に乗ろう
c0021032_184616.jpg

天気がよければ運動場だったのですが、雨天のため室内での地区の方々による盆踊り
沢山のオバサン、オバアサンが踊ってましたが、カメラを向けても指が、指が動かん
唯一のオネーさん発見、するとシャッターが押せるのですが力んでしまって
横顔ばかりでした
c0021032_18461545.jpg

[PR]
by syunbick | 2006-09-10 19:40 | 建築

大屋根修理

c0021032_17332971.jpg

大分空港の真横にヤンマーの造船所があります。
築30年ですのでいろんな所にガタがきてます、屋根の軒先から50センチ程入った所に
金属疲労のヒビがいり、それが元で雨漏りしてた
修理方法のアイデアが良いので採用されました、ハナタカダカ
c0021032_17333958.jpg

小型船の造船所ですので、FRPはお手の物、自前の修理してますが末期症状
この際、悪い部分を切り取って、下地も作って新しいのと差し替えます
建物の整形美容みたいなもんですね
c0021032_1733454.jpg

相変わらずの良い天気、冬でも雪の上だとスキー焼けとか
夏で銀屋根の上にいると、裏表から満遍なく焼いてくれます
出てる部分だけ焼き具合に拍車がかかってきてます、益々メリハリの利いた体になりそう
お盆過ぎても暑いわ
c0021032_13105688.jpg

暫く雨が続いて遅れましたが、60メーターほど出来ました
工事が始まって一週間、順調です
[PR]
by syunbick | 2006-08-25 18:33 | 建築

擁壁

c0021032_16595689.jpg

擁壁(ようへき)難しい言葉ですね、この業界以外の人では理解できないかも
まず高さの三分の二ほどのベースを鉄筋を組んでコンクリートを打ちます
そして下が広く上が狭い、テーパー型に枠を組んでコンクリートを流し込むのです
業界用語でL型擁壁、石済みではその上に家は建てられません(建築確認が下りない)
高いところは2メーターを越してますので、二回に分けてコンクリートを打ちました
その継ぎ目が見えてますが、乾いてくると分からなくなってきます
境界から直角に立ち上がってますので、敷地は4メーターくらい広く使えるようになります

この炎天下の下でアヘアへ言いながら後半分,キリが付かないと休めない(因果な商売)
明日コンクリートを打って安心してお盆休み、その間にコンクリートは律儀に硬くなって
行きます
休みが明けて土を埋め戻せば一件落着
今回は土建屋の仕事をしてしまった、建物に比べると簡単ですが暑さとの戦いでした
毎日、脳ミソが沸騰直前まで逝ってますので乱文乱筆ゴメン
涼しくなったらチョットはマシになるかも,カモ,鴨
[PR]
by syunbick | 2006-08-10 17:18 | 建築

天空仕事

c0021032_7425782.jpg

やっと終わりました、何事もなくてホッとしてます
さすがにパイプの上に何日もいると足腰に来ます、どうしても同じ形で踏ん張るので
辛かった。
上まで来ると地に足が着いて仕事が出来ます、道具もそんじょそこらに置けます
鼻歌で完了
そういえば、足場が無くなったらカラスの鳴き声聞いてないなあ
本気で縄張り心配してたのだろうか、要らぬ心配をさせてしまった
ま~!ほかにすることもない奴らなので、時には緊張でもしないとヌケガラスになる

新旧の境目が露骨ですが、漏ってる範囲でイイということなのでそこまで
10年以上の歳月は同じ色でもここまで変える、UVカットでも何でも抵抗しなくては
花の命は短かくて、賞味期限は5年くらい、、、、、かな(屋根の話ですよ)
前回は銅板に緑青色、今回はガルバリウム鋼板に緑青色、今回の方がもつはず
[PR]
by syunbick | 2006-05-30 07:52 | 建築