カテゴリ:バイク( 157 )

去年のレース

c0021032_18162270.jpg

P助ホームページを見ていたら私の去年の写真があった、早速頂いてアップ
人が撮ってくれたのを見ると、モトパンはデーモンブラッドショウのレプリカなので15年前くらいの品物だろうか、物持ちが良いというか、泥の日には着るウエアー、汚れても良いよバージョン
ゼブラ模様も白けてきて、イマイチハッキリしなくなった。そんな模様があったなんて気付かない、新しい模様かと思う人もいるかもしれない、知らない人には新鮮だ、強制的にそう思う。
私でも晴れてるときはイッチョラを出してきます、イッチョラには賞味期限はアリマセン。
バイクも公道仕様からバックミラーとナンバー外しただけ(面倒くさいから)

表彰式の場面、1位(NR王子)と2位の人は面白くも無いみたいですが、私はうれしそう
しかし前頭部はかなり後退してる、昔からおでこは広かったけど、その言い訳は苦しくなった。
思っているのと、人目は違うと気がついた、だからといって成り行きに任せて無駄な抵抗はしない。(不精なんですよ)
私の今年の第一戦は、うちのクラブのレースと日程がぶつかってしまったので夏くらいかな
c0021032_18163474.jpg

カメラマンはP助選手でした。
[PR]
by syunbick | 2007-04-11 18:31 | バイク

ツーリング事始

私のオヤジが若かりし頃、バイクで阿蘇山までツーリングに行った時の写真
右から三番目の白い服を着ているのがオヤジです。後ろの煙は噴気で噴火口の前で撮った
みたいだ、あまり規制がかかってなかったのか、無鉄砲なのかそれにしても時代を感じます。
私が物心ついた頃にはバイクには乗ってなかったので、推定50年前の写真ということになる
今だったらベンツに乗ってるようなもの、皆さんの得意げな顔、、、分かります。
ヘルメットも被らなくていい時代、一番高級なバイクを見せたかったのでしょう
うちのオヤジは、背が低いので本田のベンリィ125だったと言ってました。
c0021032_18172920.jpg

バイクの遺伝子を次いだのは三人姉弟で私だけ、それも未だに乗り続けているとは
相当な重症、こんな面白い乗り物を簡単にはヤメラレマセン。
写真は相当痛んでセピア色ですが、バイクはメグロZ7だろうか、レトロバイクマニアの垂涎物。
[PR]
by syunbick | 2007-04-04 18:22 | バイク

タイヤ

c0021032_15532352.jpg

ゴールデンウィークに長距離移動するつもりなので、舗装道路70%のタイヤに交換した。
オフも30%あるので、グリップのいい剣山林道くらいなら大丈夫だろう
交換するよりも前に着いてたタイヤ、T63のビードを落とすのに暇が要った。CRCをタイヤと
リムの隙間に吹きかけて、裏表落とすのに30分以上かかり硬いタイヤに苦労しました。
c0021032_15533471.jpg

これでタイヤの鳴く音がしなくなるし、燃費も少しは良くなるだろう、1時間半で交換完了
明日は試運転だ、ついでにタラの芽とフキノトウを取ってこよう
c0021032_15534552.jpg

向かいの日豊線の土手は菜の花満開、別府の桜は満開だったのに、この辺は遅れ気味
なしかの心境
[PR]
by syunbick | 2007-03-30 16:10 | バイク

甘くサラリー

あまくさらりー。といれて変換すると表記のタイトルが出てくる、面白いのと
面倒くさいのでそのまま使う、なかなか自分がバイクに乗ってるシーンは少ないので
天草ラリーのホームページから数日前に写真を頂いた。(オフィシャル写)
場面はCP2でD人選手に追いつかれて、後は置いてきぼりを食う、ゴール手前でマタマタ
大ミスコースをやらかして、ミスミスのオンパレードで余裕の無さが写ってます、
今回は完敗でした。(半月前の出来事)
c0021032_19485298.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-03-29 19:58 | バイク

経読林道

c0021032_19181372.jpg

国道から右に曲がって野峠を目指す、途中の摩林峡(まはやし)なる看板に引かれて
行って見る、石橋を入れて撮影する、猿飛峡の一部らしくて無名だけど
1キロくらいに渡って奇岩と急流、ただ木が邪魔でよく見えないところが多い
c0021032_19182850.jpg

久しぶりの経読林道、適度に荒れてるけど難しくは無い、普通の林道
ガスがかかってて景色は見えない、下界はぼやけたまま

スミレだろうか、石の間に咲いていた
c0021032_19184636.jpg

分岐地点の見事な松、自然の造形は素晴らしい
c0021032_1918598.jpg

フキノトウでもと思って走ったけど無かったので、絶対にある秘密の林道で取って帰る
その途中でタラの芽も見つけた、去年より相当早い気がする。
c0021032_19411928.jpg

時には食材でも取って帰ると、点数が上がります。生椎茸と豆腐とアゲも物産店で買って
心遣いのバイクマンでした。
[PR]
by syunbick | 2007-03-25 19:41 | バイク

天草ラリー

明日出発して天草へ行きます、5時間はかかる時間的には九州で一番遠い所
今のところ毎週土曜日は休んでますので行きはノンビリ、帰りは遅くなりそう
ハイエーススーパーロングは荷台が広いので、バイク積んだまま寝床が取れる
今晩は別府で焼肉宴会、そのまま天草へ、と言う事はホテルハイエースで2連泊か
c0021032_1272777.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-03-09 12:06 | バイク

ダニエル

c0021032_7365520.jpg

福岡のてつこさん、とのやりとりで思い出した。
2003年とあるから、もう4年も前の事だ。神奈川のモンガーからTELで日本をツーリングしてる
外人が九州に行ったら泊めてあげてと言うから、良いよと返事しといた。
一ヵ月後にバイクで現われたのがこの男、ダニエル、トーダーこの当時24歳アメリカで大学卒業して就職、1年働いて半年休職して旅行してるそうだ(日本では考えられない)
彼の両親は東欧系の移民で、両親の祖国を訪ねてみたいそうだ。

我が家で一週間ノンビリ過ごした後、新潟からウラジオストックに渡り、自走でヨーロッパを目指すとか言ってた。
私が本の情報で、バイカル湖の辺りは道路が寸断されてるかもしれないから、ウラジオストックに着いたらよく調べて、その間だけでも鉄道で移動した方がいいかもとアドバイスしといた。
真剣に聞いていたけど、モンゴルからハガキが送られてきたのには、無事通過したよの知らせ
と思った。

KTM660アドベンチャー、アメリカで中古で40万で買ったらしい、この後関西で修理点検をして
新潟からロシアへ船で渡ったみたいだ。
アメリカで元気に働いてるのだろうか、28歳になってる。背の高いチョットシャイな好青年だった。
[PR]
by syunbick | 2007-03-02 07:53 | バイク

肌寒&宇田オヤジ

c0021032_18175980.jpg

昨日に比べると曇っている分肌寒い、道路の途中にある温度計は2度を示してた。
見たほうが寒くなってしまう、雲がたなびく由布山もおつなもの。山頂付近はチョッピリ雪でしょう

今日は同行3名,メッシュグローブのD人君、今まで暖かかったので舐めてました。
コンビニからビニール袋を貰って臨時の防寒対策、効果はバツグンとか。
c0021032_18192348.jpg

水訳峠から横断道路を南下、小田の池から林道を走って湯平の裏に抜け、扇山林道を山越えして長者原に出る、飯田高原を筋湯方面に走ってワイタ山林道に入ると、2年前の台風の爪あとが、歩いてバイクが行けるかどうか確かめる、3人いると何とかなるので行ってみる、難所は
ここだけで後は舗装されるのも時間の問題みたいだった。
c0021032_18193322.jpg

福岡の宇田さんがこの近くに移り住んでるはずなので、D人君携帯でTELしてみる
幸い在宅で道も聞いたので行くことに、宇田さんは私より一歳年上、小柄ながら
オーストラリア、ネバダ、パリ北京ラリーに出場したことのある、その道の大先輩、2年ぶりの対面でした。このオヤジ日本人みたいな格好をした異邦人、飛んでるオヤジです。
そのオヤジにケロッとして付いて行ってる奥さんと、沖縄に住んで里帰り中の娘さんもいました。
この家は棟上まではプロにしてもらって、屋根、壁、内装は自分でしたそうです。
煙突が斜めなのは、本人の好みかヘソマガリなのかは、聞き忘れた。
左からD人君、宇田さん、わしさんです。
c0021032_18194514.jpg

5月の連休前にはオープンしたいそうで、食事やら出すのかな?店の名前や日にちが
詳しく分かったらブログに書きます。室内も雰囲気あります、晴れてたら景色はバツグンだそうで悠々自適ナ生活ぶり。日常生活に飽きたら変なオヤジを見に行くだけでも、いとおかし
c0021032_1819582.jpg

帰りに枯れ川を登ってましたが、この先倒木が多そうなので根性品切れ
キャンセルして林道で帰りました。
それでも大水で道が洗われてて,石がゴロゴロでテクニカルなシーンもあり楽しめました。
c0021032_1820862.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-02-25 18:52 | バイク

宿

c0021032_17524741.jpg

94年とあるから、早いもので13年前の5月の連休中のドラマ
今では3女の父になった、P助君と鹿児島の内之浦での出来事、前日までは数名の仲間と
キャンプをしながらツーリングをして残り一日となり、テントなどのキャンプ道具を同行の車に
預けて、二人で別行動することにした。
その夜の泊まりは、旅館か民宿にすれば良いだろう、荷物も減らせて林道がぶっ飛ばせる
バイクは荷物を積んでると、荷崩れが気になってどうしても安全運転になってしまいストレスが
溜まるので、気分よく走るために決めた。

朝、皆と別れる頃は天気が良かった、午後になって雲が出てきて内の浦に付く前の林道では
道が川状態、カッパ着ててもなんの役に立たずにずぶ濡れ、5月の雨は濡れるとさすがに寒い
早めに宿に着いてて風呂にでも入ってと考え、公衆電話で宿に掛けるけどどこも満室
釣り客が早めに予約してるみたいで空きが無い、仕方なく仮の宿になりそうな場所を探す事にした。
農協の出荷場の軒先が丁度いい具合に張り出してる、ここに決めた。
そこでP助君が買い出しに行く事に、夕食とローソクを注文する。
その間に私はコンテナで囲んで部屋を作ることにした、テーブルはフォークリフトのパレット
これは後でベッドにもなる優れ物。
まずはローソクを地面にUの字型に5,6本立ててビショビショのパンツを跨いで乾かす、&照明
無事2時間ほどで完璧に乾いた、火の力は偉大だ。
男二人で適度に盛り上がりながら宴会して、早めの就寝となるのだが布団が無いのだ。
勿論毛布すら無い、着れる物は全部着て出荷用のダンボールを拝借して布団代わりにする。愛采便と書いてあった
ホームレスの気分で一夜を明かす、寒さで熟睡して無いけど、夜明け前に出発することにした。
コンテナを綺麗に片付けて元通りにして痕跡を消す。

津房林道、白髭、三方山、内大臣、土呂久と九州の林道をことごとく走って帰った。
その日の走行距離は660キロ、林道も150キロは走っただろう、舗装もダートもスピードは
一緒だけど帰りついたらヘロヘロでした。
いろんなハプニングはありましたが、思いで深いツーリングでした。
[PR]
by syunbick | 2007-02-22 18:37 | バイク

WR250F

こういうところ好きですね、ロマンがあってどこまでも続いていそうで
私はここで、ねっころがってユックリ動く雲を見て時間が過ぎるのを忘れよう、たまにはいいさ
c0021032_16314182.jpg

元気のいい頃は5台ほど保有してたバイクも、寄る年波には勝てずに今は2台に減らして
年相応に遊んでます。長距離や荷物の多い時にはアフリカツイン号で行き
近場や林道をぶっ飛ばし、ガレ場やえぐい所があるようなら軽くて取り回しのいい
WR号でと、役割分担が決まっている。

c0021032_1744941.jpg

チョット前まではエンデューロ、レースにも月に1,2回はエントリーしてた
若い頃は苦にならなかったけど、レース用のバイクを持つほどには燃えなくなってしまった
可愛そうにWR号は年に2,3回エンデューロレースに引っ張り出される
その時だけはタイヤ前後新品にしてもらえる、角があると無いとでは、ヌルヌルつるつるの
場面で微妙にグリップが違う,後悔するのは嫌だからタイヤぐらいは奮発しよう。
保安部品もつけたまま、重いのはハンデだけど、取り外すのが面倒くさい、バックミラーと
ナンバー程度を外して走る、それでもXR250の時より相当軽い、ソコソコ結果出してますので
良しでしょう。
c0021032_16315269.jpg

先週はドピーカンの良い天気でしたが、今週はどうも雨みたいだ、先週撮った備蓄を披露
今回のモデルはうちに来てボチボチ2年のWR号、目方は102キロ相撲取りなら軽量だな
バストは(排気量)250cc、一昔前なら非力なバイクだが、パワーは400並おまけに低速もある、年寄りの痒い所に気の効く、カワユイ奴
c0021032_1721528.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-02-17 17:12 | バイク