カテゴリ:バイク( 157 )

c0021032_1616423.jpg

先月のレースの写真を仲間が撮ってたのを拝借してきました。
バイクのMマークはマーシャルの意味で、トラブルや怪我人がいないか見て廻る役目です。
レースの裏方、走ってる人のジャマをしないように注意して走ります。
たまには過激にバトルをするマーシャルもいますが(心当たりの人反省して)
わしさんがカメラ構えてたので、下り坂の手前でちょいとアクセルオープン軽く飛び降りて
右コーナーへ

ミーティングか何かを写真撮ってたら撮られたの図
c0021032_16172078.jpg

ネタ不足を露呈したようなものかな、クラブ員3名がレースの時の写真をアップしてますが
全部で千枚くらいある、その中から自分が走ってるシーンを見つけるのは至難の技。
ヤマハの青、ヘッドライトが点いてる、Wマークで探しました。
パソコンの小さな画面から年寄りが見つけるのは根性が要ります。
[PR]
by syunbick | 2007-05-24 16:28 | バイク

ポンプ

先日のゴールデンウィークの最中のパンクで、ポンプが壊れてて空気が入らなかったので
そのままガソリンスタンドまでの数キロ走って、チューブのバルブがタイヤが空転したせいで
首の所が破れて、致命的トラブルになってしまい危うく帰れないかと思った経験から、
ホームワイドの安物ポンプは止めて、ちゃんとしたポンプを購入しました。
コンパクトでウエストバッグにも入ります。
スペアチューブもたいがい持っていくのですが、今回は荷物が多かったので不精して
痛い目に会ったので、次回からは絶対に持って行きます。
c0021032_18183254.jpg

アルミボディーのフットタイプ、軽くて丈夫そう。
c0021032_18235832.jpg

準備万端整うとパンクしなくなるんだよな。
うちのクラブではP助と私がダントツにパンクやトラブルの回数が多い。(奴は整備不良も多い)
宮崎の林道で昔の鍛造した四角い釘を踏んだ事も有るし、タイヤがバーストして日付が
替わってやっと帰りついたこともある。
ネバダでもチューブのバーストがあったし、パンクの話になると限りなくあるな。
[PR]
by syunbick | 2007-05-18 18:19 | バイク

走りながら

c0021032_1919526.jpg

あんまり褒められた事ではないですが、走ってる最中の記録。清水から浜松の間
120キロで走りながら。抜く瞬間。皆さん安全運転の人ばかりで二日間で私を抜いていった
バイクは2台でした。

伊勢湾岸道路、強烈な風の中で撮影、右の黒いスポーツカーには抜かれました。
c0021032_19191840.jpg

早いものでもう一週間が過ぎようとしています。次の楽しみはお盆休みか。どこに行こうか?
[PR]
by syunbick | 2007-05-11 19:26 | バイク

ひたすら帰る

5月4日(金)
c0021032_11412679.jpg
泊めていただいて感謝はするけど、いつもは季節労働者が停まっているのだろう
安ければの典型な旅館でした。
シーツは擦り切れてるし、部屋の天井には物干し用の針金が6本張ってあった。
カギは無い、ま~他に誰も泊まってない事だし、美人なら襲われても良いけど、
期待もしたけど可能性はゼロに近い、部屋の中からは掛かるのでオッケーだ。
大きな声で紹介してあげたいけど、泊まる人の度胸が試される旅館かもしれない。
興味のある方は、米子漁協前の写真の看板です。

8時に旅館を出る、海岸線を走るけど前日ほどの感激は無い、出雲大社にも寄りた
かったけど、昨日のトラブルで2時間分ロスしてる家に帰るから遅くなっても良い
ようなものだけど天気予報が雨と言ってるので、雨の中夜間走行はしたくない。
今日は走りに徹しよう、浜田の道の駅で早めの昼食、
朝飯食ってなかったからカレーライスにゴボウのテンプラと名物の赤テンを食す。
赤テンが見かけより旨かった。

駐車場にトンビに注意の看板がある、上空には無数のトンビが舞っている
油断すると取られるのだろう

c0021032_11564387.jpg

長門の青海島を見ようと思ったけど、標識が分からずに素通りしてしまった。
今回は縁が無いと言う事でしょう、先を急ぐ。下関が近づくと車が混んで来た。
信号待ちで地図を見てると、バイパスっぽい県道がある、すると前の2台がそちらに曲がった
間違いないと後を追う、ピンポンで信号もなく快走、混雑にあわずに高速に乗れた。
c0021032_1157194.jpg

小倉東で降りて懐かしい国道10号線に、ここまで帰れば一安心
夕方6時半に無事帰り着きました。
今日の走行は28432~28917で485キロでした。
全走行距離は2358キロ、それにしても沼津は遠かった、もう百数十キロ走れば東京ですもん。思わず遠くへ行きました。
[PR]
by syunbick | 2007-05-06 11:51 | バイク

帰る前に一仕事&帰るトラブル。

5月3日(木)
ビジネスホテルで目覚めると5時だった、6時半に大阪南港まで行くので、チョット頭はふらつくが強制的に出発。〔風船吹いたら出るだろうな)
ちゃんと荷造りしたつもりだったけど、ユニットバスに下着が一日分足りないので洗って乾していたのを忘れて置き去りにしてきた。下着は二日同じのをはけば良いけど、掃除に来るオバサン〔だと思う〕ビックリするだろうな。新庄パンツを気前良くプレゼント(迷惑やろか)

今回は環状線に入る料金所で、おじちゃんに道を聞いた、天保山湾岸線方面に行くと良いとの事、無事6時15分到着、フェリーは30分早く着いたらしくて駐車場で待っててくれた。
c0021032_9485974.jpg

彼は昔のバイク仲間の息子で、蛙の子は蛙で川崎W400を買ったので、ツーリング方々
大学時代の友人に宮津に会いに行くと言う、ヘタクソだと心配な友人が大阪の町を過ぎる所まで先導してやってくれと頼まれた。(私が関西に行くのを知ってるのか聞いたら、ブログだった)
3日の日に大阪近辺いると言ってしまった、私の言葉を聞いた瞬間電話の向こうの声が
弾んだので、仕方なく面倒見てやることにする。
軽装だったので朝は寒いよと合羽を着せる、それではイザ出発、確かに頼りない、今度は後ろも気にしないといけない。

大阪環状線に入ると太陽が左に見え出した、やばい南に向かってる、引き返すことも出来ないしどうしようと思ったけど、環状線ならぐるっと廻って元に戻るはず、とそのまま進行する。
案の定北に向かい始めた、ヒヨコの彼は一周遠回りした事は知らないだろう。
c0021032_10104658.jpg

箕面の山を越えて亀岡市に出る、国道9号の道の駅で休む、彼とはここで別れる事にした。
どうしてもペースが違うので、気お使ってるみたいだ、一緒に行っても良いよと言ったけど、
ノンビリ走りたいみたいだったのと、交通量も減って走りやすくなったので、息子ほどの彼とは
2時間ほどのツーリングでした。山道のワインディングロードで気疲れしたのかもしれない。
やれやれ責任は果たした。(5日の夜に帰りついたと電話があった、ヒヨコの初冒険よかった)

彼はもうしばらく休んで、食事をしていくという、とても食べる気力の無い私は
頭も軽くなったので朝霧の中を走り出す。朝は冷え込んで道路の温度計は10度を切っている
はなまちさんの家の近くを走ってることに気付いて、取り合えず町の風景を、9時前になってるから目覚めた頃かな。昨日はお世話になりました。
c0021032_1011121.jpg


私も天橋立は見たことなかったので行ってみる。
c0021032_10211010.jpg

上の展望台から見ると良いのだろうけど、車が多そうだったので対岸から見てヨシトスル。
久美浜方面から城之崎海岸を走る、変化に飛んだ海岸線で面白い
c0021032_10263172.jpg

峠からショウの歓声が聞こえる、イルカが飛んだりしてるのだろう。

奇岩好きな私は道路沿いのを見逃さない。それにしても綺麗な海です。
c0021032_10264658.jpg

知らなくて走っていたら、余部(あまるべ)鉄道の鉄橋がある、ラッキーでした。
見たかった建設物の一つ、しかしこの高さは凄い。
何十年か前に強風で、吹き落とされた列車の慰霊碑があった、見ているとゴトゴト音がしてきた
鉄橋の上を列車がユックリユックリと通過して行った。もう一度ラッキーでした。
c0021032_10334935.jpg

c0021032_10411451.jpg

ひたすら海岸線を走って西へ西へ、鳥取砂丘の砂丘道路に入る
停まってみようと思ったけど、駐車場は満杯状態、熱いし停まる気力も失せる。
取り合えず走りながら。
c0021032_10473944.jpg

今日は出雲まで行くつもりだ、まだ3時前で100キロチョイだから充分間に合う。
インタネットのホテル情報で空き部屋があったから、予約はして無いけど何とかなるでしょう。
快調に走ってると、やたらふらつく、道路のせいかなとも思うがパンクかもしれない。
路肩に停めて見ると、やっぱりパンク。
c0021032_10555230.jpg

荷物を下ろして、スタンドを立てて、タイヤを外してみると短くて細いけど釘を踏んでた。
去年も私だけが釘を踏んでパンク、趣味はって聞かれると、道路に落ちてる釘を拾うことって
答えたくなる。
パッチを貼って修理は出来たが、ポンプの調子が悪い、エアーが入らない、汗びっしょりで
押すけどチョットは膨らんだみたいだ、スタンドを下ろしてみるとぺっチャンコじゃないAカップ
程度のふくらみはある、ガソリンスタンドまで走って給油とエアーを借りよう。

3キロほど先にガソリンスタンドはあったけど、相当長く感じた。
走ってる最中にまたまた腰砕けのようになって、ふらつきだした。取り合えず給油してエアーホースの前でタイヤを外す。
チューブを見るとバルブの部分が破れて修理不能状態、親切なスタンドのオジサンに電話帳を
借りてバイク屋に電話する、町内に5軒ほどある中で4軒目にして始めて電話に出てくれた。

チューブは有るけどカブ程度しかない、と言う。背に腹は変えられないので、それでも良いと
返事をしたら、探してみるとの事。配達料も払うから持ってきて欲しいと言うと、良いですよの返事でややホッとする。休日の真っ最中なのでトラブルが有ると致命的。
しかし待てど暮らせどやってこない、6時過ぎたくらいに痺れが切れて電話してみると、今から出ますのノンビリした返事。3,50-17のチューブが有ったと言う、それなら充分です。

バタバタ組み上げてエアーを入れる、バイク屋のオジサン〔40代くらい)に手付きを褒められた。まるでバイク屋さんみたいですねって。
2,0キロ入れて、なんとか走れるように出来た。親切な二人にお礼を言って走り出す。
スッカリ暗くなってしまった、米子に着いたのは8時過ぎ出雲まではとても無理なので
米子でホテルを探す、電話帳の上から掛けたけど全滅、そうだ旅館ならあるかも知れないと思い駅の周りを探してみようと行きかけたら、小さな旅館の看板を発見、交渉してみると3500円で素泊まりなら良いという、今日の最後はラッキーで終わった。

今日の走行距離は27961~28432で471キロでした。長い一日でした。
[PR]
by syunbick | 2007-05-06 10:26 | バイク

東からチョット西へ〔ミケ経由はなまちメリー編)

5月2日(水)残念ながら曇り、富士山は見えなかった。
朝8時にのこラクダ家をスタート、35年前に自転車で東京に行った時に一泊お世話になった
富士川第二中学に行ってみることに、今回の目的の一つ。

朝の高速国道1号線を気持ち良くぶっ飛ばす、飛ばしすぎて危うく行き過ぎてしまうところだった。昨夜は遠く感じた距離もあっという間に富士川を越えてしまう、慌てて戻って富士川沿いを上流に登る、あの頃はポツンとあった学校も家に取り囲まれていた。
校舎の位置も昔のグランドに建っていた、ちょうど保育園のグループが通りかかったので
保母さんに聞いてみると、たしかに15年前までは向こうにあったと言ってくれた。
私の記憶は正しかった、当時布団に寝せてくれて、カレーライスをご馳走してくれた先生方も
定年を過ぎた年になってる、光陰矢のごとし
c0021032_155339100.jpg

次はミケさん旦那のバイク店だ、清水から高速に上がる、アベレージ120キロで走る。
途中で雨が降り出してきたので、パーキングに飛び込む、思いは一緒かライダーが次々と
入ってきた。長くは続かない気がしたけど、濡れるのは嫌だ格好より現実。
おちょくり雨でそれ以上降る事も無い、またまたパーキングに脱ぐ為に寄る、そんなこんなで
到着予定が設定時間より遅れてきた。名古屋市内に入って湾岸線に進路を取る、ミケさんに
店の位置をメールで説明してもらってたので、一発で分かった。11時20分到着
仕事を中断して、初対面の私に付き合ってくれた。店は思ってたより広くて、周りもノンビリしててずっとよかったです。
c0021032_15535810.jpg

ミケさんは仕事があるので、午後1時じゃないと帰れないそうだ、残念だけど今回は旦那と
バイクに関して熱く語り合った。私はその間にのこさんが作ってくれた弁当を食べながら
腹ごしらえ、京都での約束があるので12時過ぎに店を出る。旦那さんよりミケさんの
お土産を貰う、感謝。

今日の湾岸道路は風が強い、100キロに抑えて走る、ハンドルにバインダーで取り付けた
地図が吹き飛びそうで、それ以上出せない、ついでに途中のレジャーランドも写真で撮った。
c0021032_15544761.jpg

桑名で降りて、国道258号を北上する、大垣の手前で県道経由で国道365号に移り北へ北へ
信号も少なくて順調に距離を稼ぐ、メリーさんとの約束の3時までには着きそうだ。
琵琶湖の北部を西へ進路を変える頃、電話で連絡を取ってみる。
若干時間にゆとりが出来たので、琵琶湖岸の道路を走ってみる、桜並木が見事だ、桜のシーズンは大賑わいだろう、竹生島を入れて。
c0021032_15551682.jpg

湖に降りて小石を拾った、姉が良くやる手を真似てみた。これも良いオミヤゲ
c0021032_16252180.jpg

3時過ぎに近くまで着いたので電話をしてみる、団地の入口まで迎えに来てくれた。
ワンコメリーに初対面、愛想が良い、たしかに番犬には向かんけど可愛いよ。
c0021032_16325755.jpg

飼い主にはそっぽを向いて、赤の他人の私にお手をする、こわもてに弱いのか。
c0021032_16331095.jpg

3時45分にメリーさん宅を出発、国道367号を京都に向かってひた走る。
途中に三千院やらあって、見学したいけどその暇は無し、田園風景を一発。
c0021032_16515956.jpg

京都の町はスクーターが多くて走りも機敏、負けずにチェイスしながら京都駅を目指す。
裏露地の一方通行をみぎへ左へと走り抜けて、目指すホテルを発見、5時半でした。

シャワーを浴びてよそ行きに着替える、とは言ってもバイクに積んでける服です。
駅に行くと向こうに渡る手段が分からなくて焦った、遥か行き過ぎて正面に渡れる標識を発見
急いで戻って京都タワーの前に出て、電話をする。はなまちさんとメリーさん夫婦も一緒でした。
これからはタクシーに乗って、はなまちさん先導で夜の京都散策ツアー、その前に今までの着替えとオミヤゲを詰めたバッグを宅急便で自宅に送ってもらう、これで明日から多少身軽に走れる。
まずは居酒屋でビールで乾杯、はなまちさんに適当に選んでもらって、飲むのと食べる専門に
それにしても、メリー旦那ピッチが早い、富山人ですが九州でも通用します。
それからウォッカの店に、お決まりのターコイズに、その後からは記憶にゴザイマセン状態
気がつくと朝でした。写真の後頭部がはなまちさんだと思うのですが。
c0021032_16533139.jpg

本日の走行距離は385キロでメーターの積算距離は27961キロでした。
[PR]
by syunbick | 2007-05-05 16:02 | バイク

東へ〔のこラクダ編)

5月1日(火)
朝起きると案の定雨だ、弟は今日が53歳の誕生日お互いこのくらいの年になると
めでたくもありめでたくも無し、弟は今日も仕事、朝食を取って出勤していった。
建築屋だから当たり前と言われるかもしれないけど、カウンターや流しの天板は自作品
古家を買って、床板張り替えやリフォームをコツコツやってる、マメな男です。

c0021032_7475310.jpg

ジャンバーを着て、その上から雨合羽を着て雨対策をして出発、まずは洲本市から28号線を
北へ走る、6年住んでたので見覚えのあるはずが、当時との様変わりに驚きながら走る。
島の最北端から明石大橋に乗って海峡を渡る、橋の上は物凄い風でバイクが傾いたままで
特に明石が近いほど風が強かった。1メーターくらいは軽く煽られた。

それから順調に東名に乗ってるはずだったのだが、目の前に大阪環状線の料金所が現われた
トラックに囲まれて雨の中を走ってたので標識を見落としたのかもしれない、それにしても
いつの間にか進路を変更もしないのに、、、不思議だった。
かくなる上は仕方がない、奈良を抜けて行く事にする、そこで阪奈道路は別料金と標識が出た
停まって料金を払う面倒くささ、雨降りのバイク乗りの心境分かるでしょう。そこで下道で行こう
と決めて、降りたのが失敗、石切辺りの迷路をウロウロしたあげくに結局阪奈道路で行く事に
一時間雨に濡れて走っただけのお粗末でした。のこさんに初めて電話して連絡を取ったけど
泣きたい心境だった、強いから泣かないけど。

しかし、悪い事ばかりじゃない、時間がかかったせいで、天気が回復してきた、雨は降ってるけど、先程までのような強い雨じゃなくて、合羽を通さない程度の雨、これなら夕方まで濡れても大丈夫、奈良から伊賀を抜けて亀山から再び高速道路にのる。
折角奈良を通るので証拠写真に朱雀大門を記念撮影
c0021032_74857.jpg

高速道路ばかり走ってると飽きてくる、浜松が近くなったので昔、自転車で東京に行った時に
通った、海沿いの道に行って見たくなった。浜松インターで降りて県道をウロウロと走り回る
一筋縄で行かない道が多くて、太陽が出ていないので方向感覚が無くなって、どっちに向いて走ってるのか見当がつかなくなってしまった。
またしても一時間ほどウロウロしたあげくに、結局高速に乗る破目に相良牧の原から復帰
お茶所静岡の茶畑の中を走り回っただけでも収穫。つま恋も見た、ここでコンサートをやったんだと感激。

私の持っていった西日本道路地図は富士市で終り、のこさんのいる沼津は管轄外そこで
富士インターで降りて沼津方面に国道1号線を走ることにする、目標は市民病院。
多分でかいだろうと思ってたら想定どうりの建物が、手前で曲がって後は教えてもらった通りに走って、アパートの駐車場に到着、そこから電話したらベランダで手を振ってくれた。
c0021032_7482964.jpg

駐車場にバイクを停めて、荷物を部屋に運び込んだら、ラクダ夫も帰宅、一緒に温泉に連れて行ってもらった、風に煽られて時速120キロで走って、肩と腕に来てたので疲れが取れた。
夕食はのこさん手作り料理でもてなしてもらう、シラス大盛り定番ドンブリにタタキも
名物富士山ビールも飲んで、持って行った焼酎までロックで飲んで半分空けてしまう。
ラクダ夫は朝5時から仕事だそうで、10時には悠大くんと就寝、お風呂も入れてたし
私には出来なかった事ばかりで、今頃反省。のこさんとはもうしばらく会話をして就寝、朝まで
グッスリとイビキつきで寝てたらしい、持って行ったオミヤゲの醤油、気に入ってもらえて嬉しかった。
本日の走行距離は26909キロから27575キロにで666キロでした。疲れたはずだ。
c0021032_7485537.jpg

朝6時半ごろ起きた時には、ラクダ夫はもう出勤していなかった。勤務体制が時間が不規則で大変みたいだ、私ら建築ではきつくても時間は毎日一緒なのでその点は楽、体に気おつけて
無理しないように、健康第一です。
のこさんに朝食を作ってもらい、おまけに弁当まで作ってくれた。これが助かりました。
のこさんと悠大くんに見送られて8時出発した。
[PR]
by syunbick | 2007-05-05 08:15 | バイク

東へ(弟編)

4月30日〔月)今日からバイクでツーリングに出る、まずは佐賀関からフェリーで四国に
渡る、A型の私はフェリーに乗れないと予定が狂うので、前日の夜予約の電話を入れてみた。
するとバイクは予約を取らないとの事、当日先着7名は乗れるとのたまう。そうなるとフェリーは1時間置きにあるけれど、乗り遅れた時の用心に一便速く乗れるように出発する、これで乗れなくても予定同りだ。修学旅行の子供のように朝早く目が醒める、奥方は爆睡中、起こさないように気を使う、遊びの時は自分勝手に出かけることになっている、大人のマナー

エンジンを掛けると、起きてきて見送ってくれた。これで気持ちよく行ける。
フェリー乗り場までぶっ飛ばす、1時間ほどで到着した。取り越し苦労もいいとこで、私を入れてもバイクは2台の乗船でした。
c0021032_2128737.jpg

弟の住んでる淡路までは、高速道路を使うと早く着き過ぎるので、普通の道を行く事にする。
三崎について、名物ジャコテンを買う、今日のオミヤゲだ。八幡浜の手前から伊予市に向かって海岸線を走る、途中長浜の珍しい橋を写真に撮る。
松山の県道バイパスで迂回して、11号線を川之江から池田方面へ行く
このルートは35年前自転車で通った道だ、当時は舗装もされてなかった。
自転車で必死に登った坂道も、バイクだとあっけなく走る。池田の小学校の体育館で寝た事を
思い出す、夜中にスッポンポンで風呂代わりに泳いだ。良き思い出。
c0021032_2123551.jpg

朝は震えるくらい寒かったけど、日中は暑い道路にある温度計が26度を示している。
人間勝手なモンで朝は寒くても文句を言い、昼は熱いと文句を言う、厄介な動物。今日改めて実感。
夕暮れ時に鳴門の橋を渡る、淡路の南部は久しぶりだったけど、昔見た景色が無かった。
まるで別の場所になってしまってた。
朝家を出るときの距離計26559キロで淡路に着いた時が26909キロ
今日の走行距離は350キロでした。

c0021032_2124788.jpg

弟の家で飼ってるゴンに熱烈歓迎される、私が食べてると眉毛の下がった、情けない顔して見つめてくれた。
弟夫婦と次男の修君に私の4人で飲んで食べて、楽しく夜は過ぎていったのでありました。
[PR]
by syunbick | 2007-05-04 21:50 | バイク

レース

c0021032_1843194.jpg

レースの前夜は宴会と九州では法律で決まってます。
朝の4時でもまだ宴会中の若者もいたとか、それで勝たないと尊敬されません
早く寝て備えてると卑怯者扱いされます、そのくらい厳しい修行を積んで一人前のライダーになるのです。あくまでも地域限定ですので、よそで白い目で見られても当局は一切関知しないので要注意。
c0021032_18431096.jpg

やく80台程のエントリー、ローリングスタートで最初の一周は先導マーシャルが付きます。
追い越し禁止です、安全の為コースを覚えてもらう意味もあります。
前のほうに陣取ってる人たち、腕に自信ありの人が多いので先導するほうも煽られます。
ヘルメット被ってても殺気が出てますね、恐ろしいですね。
9時スタート12時までの過酷なレースの始まりです。
c0021032_18275161.jpg

雨にも負けず風にも負けず、とは言っても今日は天気が良いんです。
エントリーフィーを払ってる以上、どんな天気でも出場します。日頃の行いが良かったのでしょう。スタート前の緊張の一瞬。

ワゴンの中に綺麗どころが数人陣取って、皆さんの週回数をチェックします。
それをコンピューターに入れ込んで一瞬で週回数と順位が出ます。
数多くチーム員がいると、その手の会社に勤めてる人がいるので重宝します。
92番はX-花子選手、15周廻ってました、パチパチ。
c0021032_18281151.jpg

こけてる人を見ると大丈夫かと声をかけ、決して手助けはせず
写真ネタにします。ブログの為なら非情です。
c0021032_18282358.jpg

チェッカーが降られると、私はブルで整地に出かけます。前回は足の遅いユンボで失敗したので今回はスピードもあって力の強いブルドーザーで正解、一周4,5キロのコースを仕事しながら2時間で廻ってきました。ちなみに今日のトップは3時間で26周廻ってます、上がって下がって曲がって飛んで、走った距離が117キロ平均時速が40キロくらいかなりのハイスピードコースです。天気が良くても林の中が多いのでシットリしててホコリが立たないのが良い所。
それにしても今日のレースはたいした怪我人もなくて良かった。
c0021032_18283713.jpg

[PR]
by syunbick | 2007-04-29 19:03 | バイク

ツーリング準備

c0021032_19201259.jpg
c0021032_19201910.jpg

ホームセンターでアクリル板を買ってきて、バイクのハンドルにボルト止め。
これで地図を貼り付けて走る、人道ナビゲーターシステム、可愛いお姉さんの声で誘導してくれる本物に比べると、愛想はアリマセンひたすら自分の目が頼り、行き過ぎても無言。
信号で止まったときなどに見れる優れもの〔自己満足)
[PR]
by syunbick | 2007-04-27 19:28 | バイク