サツマデイ

今年の夏は誰からもお誘いが無かったので、一人で大隈半島の林道を走ってみることにする。
12日出発阿蘇まで走って、延岡に出るそれをひたすら南下、このときは天気が良かった。
c0021032_2021296.jpg

初日は鹿屋で日没豪雨、仕方が無いのでビジネス安宿で泊まることに、
食事の後に飲み屋街散策。タクシーの運ちゃん推薦の店に行く。
元気の良いママさんで開店から閉店までカラオケ三昧。それで4000円でした、安。
若く見えたけど私より年上とのこと、行くのならそのつもりで教えてあげる。

朝から雨だ。予報では昼から曇りマークが、時間つぶしに佐多岬に行ってみる事にした。
これがけっこうっ遠かった、時間も掛かったけど意地で行く。
駐車場から岬までの歩きが計算外、ここで時間を取られる。しかし着いてみると感激。
本土最南端を入れて。
c0021032_20231814.jpg

さすがに黒潮黒いは、しかし俺の腕よりはまだまだよのう。
10年前に一度来てたけど、こんなに歩いたっけ、人の記憶はいいかげんです。
あの時はドピーカンの良い天気、今日は雨時々曇り別の雰囲気で二度オイシイ。
c0021032_21443653.jpg

佐多岬辺りは生態系がまるで違う、南国そのもの
駐車場にあった、でかいガジュマルの木、近づいてた女の人と比べてみてください。
お化けみたいな木。
c0021032_20233344.jpg

2時過ぎてやっと内之浦近くの、二股川キャンプ場に着いた。
管理人のおじさんに書類を書いて渡す。何も借りるものが無いので400円也。
雨が降りそうだったので雨具を着て林道へ、のっけの林道は5,6キロのところで
道が無くなっていた。台風4,5号とダブルヘッダーでやられた後遺症は凄い。
c0021032_2024381.jpg

姫門、大谷林道を経て内之浦に出る、一度国道を走って津房林道を山頂に向けて登る
雨が強くなってきた、分岐で地図を見たいけど濡れるので山勘でルートを決める。
これが失敗、二択に弱い、峰越林道を通って二股川キャンプ場に戻るはずが
まるで反対側に行ってしまう。目的地とはズイブン離れた遥か彼方に出てしまった。
太陽が出てないので方角がまるで分からない、右側の景色が切れてきたので川に出たかと
思ったら海だった、狐につままれるってな感じでした。
c0021032_20242015.jpg

この辺の林道は傷んでなくて走り易い、出会った車は猟犬積んだ軽トラ2台のみ。
スコール並みの豪雨の為、百合も下を向いてしまってる。
c0021032_20243817.jpg

キャンプ場に帰ってみると、宿泊は私だけみたい、ずぶぬれの私の為に
オジサン温水シャワーを用意してくれる。人は良いのだが、喋りは凄まじい口を挟む余地無し
人恋しいのか、それまでのウップンを聞かされた。
結構広いキャンプ場だけど(2,3百人は泊まれる)雨でキャンセル食らったとぼやいてた。
本来は9時までらしいけど、客が一人なので6時で帰ってしまった。
広い屋根付き宴会場で豪華な宴、タイマーで4枚も撮った中のまともなヤツ。
c0021032_20245247.jpg

朝のキャンプ場、今日は11人予約が入ってると言ってた。
今のところ夏休みの間しか開いてないらしいのだが、ラリーで使うには最高の場所
駐車場は広いし、林道はウジャウジャあるし、ババチン考えてみて。
欠点は携帯の電波が入らない。
c0021032_20251133.jpg

9時に出発して、鹿屋10時、都城11時半、日向2時国道が動きが悪いので門川から
388で北方へ抜ける、高千穂4時久住庄内と裏ルートで6時半帰宅、450キロもあった。
都城のスーパーで昼飯買った以外は運転しっぱなし、同じ九州でも遠いいは大隈半島。
[PR]
by syunbick | 2007-08-14 20:47 | バイク


<< ハッピーデイ ビフォーアフター >>