東からチョット西へ〔ミケ経由はなまちメリー編)

5月2日(水)残念ながら曇り、富士山は見えなかった。
朝8時にのこラクダ家をスタート、35年前に自転車で東京に行った時に一泊お世話になった
富士川第二中学に行ってみることに、今回の目的の一つ。

朝の高速国道1号線を気持ち良くぶっ飛ばす、飛ばしすぎて危うく行き過ぎてしまうところだった。昨夜は遠く感じた距離もあっという間に富士川を越えてしまう、慌てて戻って富士川沿いを上流に登る、あの頃はポツンとあった学校も家に取り囲まれていた。
校舎の位置も昔のグランドに建っていた、ちょうど保育園のグループが通りかかったので
保母さんに聞いてみると、たしかに15年前までは向こうにあったと言ってくれた。
私の記憶は正しかった、当時布団に寝せてくれて、カレーライスをご馳走してくれた先生方も
定年を過ぎた年になってる、光陰矢のごとし
c0021032_155339100.jpg

次はミケさん旦那のバイク店だ、清水から高速に上がる、アベレージ120キロで走る。
途中で雨が降り出してきたので、パーキングに飛び込む、思いは一緒かライダーが次々と
入ってきた。長くは続かない気がしたけど、濡れるのは嫌だ格好より現実。
おちょくり雨でそれ以上降る事も無い、またまたパーキングに脱ぐ為に寄る、そんなこんなで
到着予定が設定時間より遅れてきた。名古屋市内に入って湾岸線に進路を取る、ミケさんに
店の位置をメールで説明してもらってたので、一発で分かった。11時20分到着
仕事を中断して、初対面の私に付き合ってくれた。店は思ってたより広くて、周りもノンビリしててずっとよかったです。
c0021032_15535810.jpg

ミケさんは仕事があるので、午後1時じゃないと帰れないそうだ、残念だけど今回は旦那と
バイクに関して熱く語り合った。私はその間にのこさんが作ってくれた弁当を食べながら
腹ごしらえ、京都での約束があるので12時過ぎに店を出る。旦那さんよりミケさんの
お土産を貰う、感謝。

今日の湾岸道路は風が強い、100キロに抑えて走る、ハンドルにバインダーで取り付けた
地図が吹き飛びそうで、それ以上出せない、ついでに途中のレジャーランドも写真で撮った。
c0021032_15544761.jpg

桑名で降りて、国道258号を北上する、大垣の手前で県道経由で国道365号に移り北へ北へ
信号も少なくて順調に距離を稼ぐ、メリーさんとの約束の3時までには着きそうだ。
琵琶湖の北部を西へ進路を変える頃、電話で連絡を取ってみる。
若干時間にゆとりが出来たので、琵琶湖岸の道路を走ってみる、桜並木が見事だ、桜のシーズンは大賑わいだろう、竹生島を入れて。
c0021032_15551682.jpg

湖に降りて小石を拾った、姉が良くやる手を真似てみた。これも良いオミヤゲ
c0021032_16252180.jpg

3時過ぎに近くまで着いたので電話をしてみる、団地の入口まで迎えに来てくれた。
ワンコメリーに初対面、愛想が良い、たしかに番犬には向かんけど可愛いよ。
c0021032_16325755.jpg

飼い主にはそっぽを向いて、赤の他人の私にお手をする、こわもてに弱いのか。
c0021032_16331095.jpg

3時45分にメリーさん宅を出発、国道367号を京都に向かってひた走る。
途中に三千院やらあって、見学したいけどその暇は無し、田園風景を一発。
c0021032_16515956.jpg

京都の町はスクーターが多くて走りも機敏、負けずにチェイスしながら京都駅を目指す。
裏露地の一方通行をみぎへ左へと走り抜けて、目指すホテルを発見、5時半でした。

シャワーを浴びてよそ行きに着替える、とは言ってもバイクに積んでける服です。
駅に行くと向こうに渡る手段が分からなくて焦った、遥か行き過ぎて正面に渡れる標識を発見
急いで戻って京都タワーの前に出て、電話をする。はなまちさんとメリーさん夫婦も一緒でした。
これからはタクシーに乗って、はなまちさん先導で夜の京都散策ツアー、その前に今までの着替えとオミヤゲを詰めたバッグを宅急便で自宅に送ってもらう、これで明日から多少身軽に走れる。
まずは居酒屋でビールで乾杯、はなまちさんに適当に選んでもらって、飲むのと食べる専門に
それにしても、メリー旦那ピッチが早い、富山人ですが九州でも通用します。
それからウォッカの店に、お決まりのターコイズに、その後からは記憶にゴザイマセン状態
気がつくと朝でした。写真の後頭部がはなまちさんだと思うのですが。
c0021032_16533139.jpg

本日の走行距離は385キロでメーターの積算距離は27961キロでした。
[PR]
by syunbick | 2007-05-05 16:02 | バイク


<< 帰る前に一仕事&帰るトラブル。 東へ〔のこラクダ編) >>