東へ〔のこラクダ編)

5月1日(火)
朝起きると案の定雨だ、弟は今日が53歳の誕生日お互いこのくらいの年になると
めでたくもありめでたくも無し、弟は今日も仕事、朝食を取って出勤していった。
建築屋だから当たり前と言われるかもしれないけど、カウンターや流しの天板は自作品
古家を買って、床板張り替えやリフォームをコツコツやってる、マメな男です。

c0021032_7475310.jpg

ジャンバーを着て、その上から雨合羽を着て雨対策をして出発、まずは洲本市から28号線を
北へ走る、6年住んでたので見覚えのあるはずが、当時との様変わりに驚きながら走る。
島の最北端から明石大橋に乗って海峡を渡る、橋の上は物凄い風でバイクが傾いたままで
特に明石が近いほど風が強かった。1メーターくらいは軽く煽られた。

それから順調に東名に乗ってるはずだったのだが、目の前に大阪環状線の料金所が現われた
トラックに囲まれて雨の中を走ってたので標識を見落としたのかもしれない、それにしても
いつの間にか進路を変更もしないのに、、、不思議だった。
かくなる上は仕方がない、奈良を抜けて行く事にする、そこで阪奈道路は別料金と標識が出た
停まって料金を払う面倒くささ、雨降りのバイク乗りの心境分かるでしょう。そこで下道で行こう
と決めて、降りたのが失敗、石切辺りの迷路をウロウロしたあげくに結局阪奈道路で行く事に
一時間雨に濡れて走っただけのお粗末でした。のこさんに初めて電話して連絡を取ったけど
泣きたい心境だった、強いから泣かないけど。

しかし、悪い事ばかりじゃない、時間がかかったせいで、天気が回復してきた、雨は降ってるけど、先程までのような強い雨じゃなくて、合羽を通さない程度の雨、これなら夕方まで濡れても大丈夫、奈良から伊賀を抜けて亀山から再び高速道路にのる。
折角奈良を通るので証拠写真に朱雀大門を記念撮影
c0021032_74857.jpg

高速道路ばかり走ってると飽きてくる、浜松が近くなったので昔、自転車で東京に行った時に
通った、海沿いの道に行って見たくなった。浜松インターで降りて県道をウロウロと走り回る
一筋縄で行かない道が多くて、太陽が出ていないので方向感覚が無くなって、どっちに向いて走ってるのか見当がつかなくなってしまった。
またしても一時間ほどウロウロしたあげくに、結局高速に乗る破目に相良牧の原から復帰
お茶所静岡の茶畑の中を走り回っただけでも収穫。つま恋も見た、ここでコンサートをやったんだと感激。

私の持っていった西日本道路地図は富士市で終り、のこさんのいる沼津は管轄外そこで
富士インターで降りて沼津方面に国道1号線を走ることにする、目標は市民病院。
多分でかいだろうと思ってたら想定どうりの建物が、手前で曲がって後は教えてもらった通りに走って、アパートの駐車場に到着、そこから電話したらベランダで手を振ってくれた。
c0021032_7482964.jpg

駐車場にバイクを停めて、荷物を部屋に運び込んだら、ラクダ夫も帰宅、一緒に温泉に連れて行ってもらった、風に煽られて時速120キロで走って、肩と腕に来てたので疲れが取れた。
夕食はのこさん手作り料理でもてなしてもらう、シラス大盛り定番ドンブリにタタキも
名物富士山ビールも飲んで、持って行った焼酎までロックで飲んで半分空けてしまう。
ラクダ夫は朝5時から仕事だそうで、10時には悠大くんと就寝、お風呂も入れてたし
私には出来なかった事ばかりで、今頃反省。のこさんとはもうしばらく会話をして就寝、朝まで
グッスリとイビキつきで寝てたらしい、持って行ったオミヤゲの醤油、気に入ってもらえて嬉しかった。
本日の走行距離は26909キロから27575キロにで666キロでした。疲れたはずだ。
c0021032_7485537.jpg

朝6時半ごろ起きた時には、ラクダ夫はもう出勤していなかった。勤務体制が時間が不規則で大変みたいだ、私ら建築ではきつくても時間は毎日一緒なのでその点は楽、体に気おつけて
無理しないように、健康第一です。
のこさんに朝食を作ってもらい、おまけに弁当まで作ってくれた。これが助かりました。
のこさんと悠大くんに見送られて8時出発した。
[PR]
by syunbick | 2007-05-05 08:15 | バイク


<< 東からチョット西へ〔ミケ経由は... 東へ(弟編) >>