道祖神

c0021032_7515713.jpg

国東半島を走っていると、道路の横や田んぼの畔に道祖神がいたるところで奉られてます。
昔の人がどんな気持ちで奉っているのか知る良しも無い、でも良いですね。
c0021032_7521114.jpg
生活には厳しい場所ですので、豊作や家内安全、無病息災を祈ったのでしょうか。
c0021032_7522158.jpg

私らが子供の頃までは修験者を良く見かけた、白装束に錫杖をもち法螺貝を吹きながら
歩き、岩場でロッククライミングみたいな事もしていた。
そんな彼らも彫ったりしたのだろうか、修験地の社の裏手にある岩場に摩崖佛を彫ったりしてる
のを見ると、路傍の仏も彫ったに違いない。
c0021032_8271720.jpg
これは六地蔵でしょう、天台密教が栄えた国東半島に救いを求める民衆達
互いに融合してたのでしょう。









c0021032_7524286.jpg

男女が対になって彫られているのも多い、いつまでも夫婦元気でいたいとの願望でしょうか。
病院も薬も無い時代、何かにすがらないと生きていけなかった
c0021032_7525345.jpg

そんな中をバイクで走り回って写真を撮ってる、いろいろ文句を言いながらも平和な日本
感謝しながらもこれ以上悪くならないように、道祖神にお願いしときましょう。
[PR]
by syunbick | 2007-02-15 08:44 | 風景


<< WR250F 万年山(はねやま) >>