青の国

c0021032_19353784.jpg

8月12日佐賀関九四フェリー乗り場に8時半集合で、予定のメンバーで出発、いざ四国へ
私にわしさん、D門君に、初顔の熊本から来てくれたM原さんKTM950アドベンチャー
しかもタイヤがノーメルパターン、何とかなるさで出発
でフェリーから海峡を渡るシーンにD門登場、二時間ドラマにありそうな、安っぽいシーン
これからどうなってしまうのか~~~!(本人の名誉のため、あえて素顔は見せません)
c0021032_19365548.jpg

そんなこんなでイキナリ剣山トンネルの駐車場、雨に降られたことや、高知の街中で
意地悪な標識に惑わされて、あっち行ったりこっち行ったりは割愛
80キロもある林道なので、ノーマルタイヤにパニアケースのM原さんを
15キロ毎に追いついてくるのを待つ、ペースが良くなってきたのか待ち時間は
だんだん短くなってきた、タイヤさえまともなら同じペースで走れるだろう
c0021032_1937994.jpg

二回目の待ちタイム、右下の崖は目もくらむ高さ、見なかったことにしよう
薄く割れる岩が多いので、しばし化石でも出てこないかと探す、そう簡単に出られたら
考古学者は苦労はしない

今回のキャンプ地は剣山林道に入って高知側から60キロ地点にあるファガスの森
キャンプ場、宴の始まりコンパニオンは狐かタヌキぐらいか人材難(人材か?)
それらにも無視された、悲しきオジサン軍団、しかし酒は豊富で良い気分、リミッターの
きれる12時前に就寝
c0021032_19372623.jpg
c0021032_19374628.jpg

山の朝は気持ち良い、睡眠補助飲料のせいか爆睡状態、あっという間に朝が来た
山小屋にはリッチな連中がご宿泊、ビンボー人は500円でキャンプ場の全貌
回れ右して朝日が上がり始めた、なぜか拝みたくなる(宝くじでも当たりますようにってか)
c0021032_1938118.jpg

拝んだせいか、なんなのか、ご利益は釘に当たってしまった(ちっとも嬉しくないぞ~)
21インチのスペアチューブをムリヤリ折りたたんで17インチに入れてしまう
2,3日は持つだろうの甘い考えは、土壇場でとんでもないことになってしまうのだ~~!
c0021032_19382240.jpg

パンク修理中の写真をM原さんのブログから拝借してきました(背中に焦りを感じます)
わしさんのを見ると良い休みになったとか書いてますので、焦ってたのは私だけかな
c0021032_823590.jpg

四国にも居るんですね~熊さん、まだ狐かタヌキの方がタイプ、激しい方は、、、逃げろ
c0021032_19383560.jpg

最後に真打登場、海鮮丼1000円、、、旨い、旨い
カツオのたたきも良かった、欲張りも満足な丼、須崎市の街中の喫茶店を寿司屋に
改装した様な店でした
c0021032_19384660.jpg

話はこれで終わりじゃない、フェリー乗り場の10キロ手前で無理やり入れたチューブが
バースト(路面の暑さも原因)、車を抜いて車線を戻した瞬間にリアがフラ~っと流れた
左の空き地に停めて5分でチューブ交換(朝,釘を踏んだ!17インチのチューブを
わしさんとD門君がパッチを貼って怪しい修理をしてくれてた)

フェリーの時間もあるので焦った二度あることは三度ある、走り出して5キロも
行かないうちに再びエアー漏れ,ダマシダマシフェリー乗り場まで辿り着く
受付すると一便待ち、1時間半時間があったのでジックリ修理
タンクからガソリンを軍手にしみこませてチューブを拭き、ペーパーで磨いてノリを塗る
充分乾いてからパッチを貼って完了、その後600キロ走ったけど異常なし(自分が一番)
[PR]
by syunbick | 2006-08-15 20:47 | バイク


<< 幻走 準備万端 >>