扇山焼

別府温泉祭りで恒例の扇山焼き、頂上の向こうに霞んで見えるのが鶴見山(1375m)
まずは火がつく前の使用前写真、これだけデカイ山を燃やすんだから(標高792m)
すぐ下のゴルフ場で300mくらいだから、標高差500mを一気に焼いてしまう
c0021032_20504810.jpg

6時半に花火の合図で頂上から焼いて下ってきます、尾根の稜線に沿って焼けて
シルエットが綺麗、今回は機動力のあるバイクで移動
ビデオは三脚据えて本格的に撮影しました
c0021032_2051077.jpg
c0021032_20511535.jpg

尾根の火が三分の一くらい下ってくると裾野から火がつきます
火と火がせめぎ合います、炎は10mくらい上がってるように見え
パチパチと大きな音で聞こえます
燃えるスピードは速くて、あんなのに追っかけられたら、カールルイスに勝てるかも
暗くなってきたので迫力は一気に増し、今年はよく枯れてたのと風があったので50分
ほどで燃え尽きました、一大スペクタクルショウでした
c0021032_21274862.jpg

一夜明けるとこのアリサマ、誰かの顔みたいになってしまった
ふちだけ白く、まるでラッツ&スター(分った人は、、、)半月もすると緑になる
春もタケナワ
c0021032_12385595.jpg

[PR]
by syunbick | 2006-04-03 21:16 | 風景


<< 噴火口 雨の中 >>