安藤忠雄氏の弟子

c0021032_20401550.jpg

安藤忠雄氏の弟子が図面を引いたらしい建物です
コンクリート打ちっぱなしに曲線を用いた施工業者から見ると難しいけど一度は
作ってみたい様な、、、、
型枠は勿論別注の枠を作らねばならないし、鉄筋はベンドローラーで曲がりを
作らねばならないだろうし、カブリの問題もあるしスラブ筋は長さが違うしで
苦労がしのばれます
カーブのガラスは丹下氏の時もありました
コストを気にしない設計をして見たいものです

築十五年くらい経ってるみたいですが日本の鉄筋コンクリートの強度は世界一です
ゴッホの絵に出てくる建物のように百年二百年後もそこに在る様な
後世に残る建物を作らねばと思います

百年家を残すとなると主要構造部にベニヤや外材を使った建物はまず残りません
今から建てようとするなら研究する事です
建築屋にもイロイロ居ます、建物の好きな建築屋を選んでください
中にはお金の方しか向いていないのもいますよ
家の事よりローンや支払いの事しか言わずに貴方はハンコを押すだけです
とか言ってる会社ありますよ
車は五年乗ったら下取り出してってな事出来ますが
家乗り換えるの大変です
カタログやセールスマン、モデルハウスや広告代も建てる家の予算に入ってますよ
百年以上持たせようと思えばユックリと
落ち着いて業者を選び最低骨組みぐらいはしっかり作りましょう、予算が無ければ簡単に
内装は十年後二十年後にジックリとリフォームするくらいの
長期計画でもいいと思いませんか
[PR]
by syunbick | 2005-05-23 21:16 | 建築


<< 酢屋の坂 火の国エンデューロ >>